このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

第70回 伊藤東岳(とうがく)の遺徳碑(いとくひ)

更新日:2018年7月25日

 菖蒲町下栢間(かやま)の栢間小学校の前に、ひときわ大きな石碑が建っています。
 題字は、碑が建てられた大正14年(1925)当時商工大臣であった野田卯太郎(うたろう)によるもので、「伊藤東岳翁遺徳碑」と書かれています。野田は、本市にもゆかりのある渋沢栄一や徳富蘇峰(とくとみそほう)等とともに学校法人国士舘(こくしかん)を設立した人物です。
 文章は、当時司法大臣秘書官であった山崎猛(たけし)によるものです。
 この文章によって、以下東岳を紹介します。
 東岳の諱(いみな)は英良(えいりょう)、字(あざな)は亀次郎、東岳は号です。この地域では代々漢学者を輩出することで知られていた家に、安政(あんせい)4年(1857)9月19日に生まれます。幼い頃から学問を好み、家学(かがく)に親しみ、大きくなると東京に出て大家(たいか)に学びます。明治12年(1879)に栢間小学校の教員に、その後校長になって、明治40年(1907)に退職します。退職後は薫陶舎(くんとうしゃ)という私塾を開いて弟子を育てていましたが、明治42年(1909)に栢間村の村会議員となり、その後村長になって、大正10年(1921)8月25日に病気で亡くなります。享年(きょうねん)65歳でした。
 人を育てるのを楽しみとし、300人近くの教え子を育てました。また、村長の職にあるときは、財政を整理し、美しい風習を残そうと努めました。先生と生徒の信頼関係が崩れてきた時代に、道徳を励みつとめ、身をもって社会の気風や個人の心を先導したということです。
 碑の裏側には、東岳の遺言(ゆいごん)の和歌二首が認(したた)められています。
 民草に 花を咲かせてその花を われに手向(たむ)けよ 子孫までも
 世の人よ みずから治む心もて 国をも家も 守りこそすれ

伊藤東岳翁遺徳碑
伊藤東岳翁遺徳碑

所在地

伊藤東岳の遺徳碑(栢山小学校入口付近)

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

広報連載久喜歴史だより

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始