このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

第63回 さまざまな人が行き交う街 引退したアメリカ大統領の栗橋通行

更新日:2017年1月19日

 栗橋を通る日光道中(にっこうどうちゅう)(日光街道)は、江戸(東京)と日光を結ぶ街道で、途中の宇都宮からは東北地方へ向かう奥州道中(おうしゅうどうちゅう)とつながっています。したがって、北へと向かう重要な拠点として、日光道中が整備された江戸時代以降、多くの著名人が栗橋を通って北へと向かっていきました。今回は、アメリカ合衆国前大統領のユリシーズ・シンプソン・グラントの事例を紹介します。
 グラントは、第18代アメリカ合衆国大統領です。1822年(文政5年)生まれのグラントは、南北戦争で北軍最高司令官として北軍を勝利へと導きました。その後、その功績を追い風に1868年(明治元年)の大統領選に共和党候補として立候補して当選し、2期8年を務めました。
 大統領引退後には世界旅行に出発し、明治12年(1879)に日本に立ち寄りました。日本では国賓待遇を受け、明治天皇との会談を行ったほか、日光や箱根を訪れたことがわかっています。日光へは7月17日に東京を出発、日光で10日間ほど過ごした後に東京へと戻りました。移動は皇室用馬車を使用しており、復路では、7月30日に埼玉県令(けんれい)(現在の県知事)の白根多助(しらねたすけ)が、グラントを栗橋で出迎え、歓迎の言葉を述べています。一行はその後、幸手に移動し、前大統領主催の宴会が開かれました。
 栗橋で県令が前大統領を迎えたときの光景を、栗橋の街を歩きながら想像してみませんか。

明治後期の栗橋の街並み
明治後期の栗橋の街並み

所在地

栗橋関跡(栗橋北2-7)

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

広報連載久喜歴史だより

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始