このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定 善徳寺の木造阿弥陀如来立像 及 両脇侍像

更新日:2017年12月4日

善徳寺の木造阿弥陀如来立像 及 両脇侍像(ぜんとくじのもくぞうあみだにょらいりゅうぞう および りょうわきじぞう)

種別

彫刻

指定年月日

昭和53年11月17日

所在地

久喜市江面864

所有者(管理者)

善徳寺

概要

 この像は木造の善光寺式三尊像で、光背も残されています。

 中尊は玉眼で、両手指とも一部を欠いていますが、右手は施無畏印をなし、左手も垂れています。台座は2段で、上段は丁寧にしべを刻み、下段は反花です。
 左脇侍は宝冠、正面に化仏が刻まれおり、右肩を露出し、左手の掌を上にて右手の掌を重ねています。
 右脇侍は宝冠、正面に宝瓶ともみられるものを刻んでいます。その他の作りは左脇侍と同じです。

 善光寺式三尊像は、鎌倉時代以後浄土教の発展とともにあらわれた復古的作例であり、埼玉県では鎌倉時代の銅造のものに優品が多いとされています。

写真 善徳寺の木造阿弥陀如来立像 及 両脇侍像
善徳寺の木造阿弥陀如来立像 及 両脇侍像

『広報くき』連載「久喜歴史だより」

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始