このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

個別接種

更新日:2018年4月1日

個別接種
種類 対象年齢、接種回数と標準的な接種期間 予診票配布方法
BCG 1歳になる日までに1回接種
☆標準的な接種期間は、生後5か月から8か月までの期間
乳児家庭全戸訪問時に配布
麻しん風しん混合(MR)

1期:1歳から2歳になる日までに1回接種
2期:平成24年4月2日生~平成25年4月1日生まれの方(小学校就学前1年間に1回接種)
★2期は平成30年4月1日~平成31年3月31日までに接種

1期:10か月児健診時に配布
2期:個別通知に同封

四種混合(DPT-IPV)
(ジフテリア・百日せき・
破傷風・不活化ポリオ)

1期初回:生後3か月から7歳6か月になる日までに、20日以上の間隔で3回接種
☆1期初回の標準的な接種期間は、1歳までの期間に20~56日の間隔
1期追加:初回3回目終了後、6か月以上の間隔をおいて1回接種(7歳6か月になる日まで)
☆1期追加の標準的な接種期間は、初回3回目終了後1年から1年半までの期間
乳児家庭全戸訪問時に配布
ポリオ(IPV)
※三種混合の接種が4回完了している方

1期初回:生後3か月から7歳6か月になる日までに、20日以上の間隔で3回接種
☆1期初回の標準的な接種期間は、1歳までの期間に20~56日の間隔
1期追加:初回3回目終了後、6か月以上の間隔をおいて1回接種(7歳6か月になる日まで)

市内委託医療機関、各保健センターで配布
二種混合(DT)
(ジフテリア・破傷風)
2期:11歳以上13歳未満に1回接種
☆標準的な接種期間は、小学6年生(11歳から12歳までの期間)
個別通知に同封
日本脳炎 1期初回:生後6か月から7歳6か月になる日までに、6日以上の間隔で2回接種
☆1期初回の標準的な接種期間は、3歳から4歳までの期間に、6~28日の間隔
1期追加:初回2回目終了後、6か月以上の間隔をおいて1回接種(7歳6か月になる日まで)
☆1期追加の標準的な接種期間は、初回2回目終了後11か月~13か月の間
2期:9歳以上13歳未満に1回接種
☆2期の標準的な接種期間は、小学4年生(9歳から10歳までの期間)

1期:3歳児健診時に配布
2期:積極的な勧奨となった場合には、個別通知します。
(予診票は、市内委託医療機関、各保健センターでも配布しています。)

注記:厚生労働省の勧告により、平成17年5月から、予防接種の勧奨を差し控えておりましたが、平成22年度から1期初回の標準的接種期間に該当する3歳の方や接種差し控えにより第1期が完了していない9歳の方を対象に、積極的な勧奨を行っております。
注記:積極的勧奨の対象外の方でも、1期(計3回)及び2期(1回)が完了していない平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、希望により20歳未満の間に残りの回数を無料で接種できます。ただし、2期の接種は、1期(計3回)が完了した9歳以上の方に限られます。
また、平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方で、7歳6か月になる日までに1期3回の接種を完了していない場合は、9歳以上13歳未満の間に、残りの接種を受けることができます。
なお、7歳6か月以降9歳になる日までに既に任意接種として自費で1期の接種を完了している方は除きます。
☆平成30年度は、平成12年4月2日~平成13年4月1日生まれの方で、2期の未接種の方には、勧奨通知を個別に郵送します。

子宮頸がん予防

小学6年生から高校1年生(相当年齢)の女子3回接種(※接種完了には6か月かかります。)
☆標準的な接種期間は、中学1年生(13歳から14歳までの期間)
注記:子宮頸がん予防ワクチンは、「サーバリックス」(2価)と「ガーダシル」(4価)の2種類があります。(同一のワクチンを3回接種)
・サーバリックス:2回目の接種は1回目の接種から1か月後に、3回目の接種は2回目の接種から5か月後に接種
・ガーダシル:2回目の接種は1回目の接種から2か月後に、3回目の接種は2回目の接種から4か月後に接種
注記:詳しくは、お住まいの地区の保健センターまたは委託医療機関にお問い合わせください。


中学1年生へ個別通知(現在、個別通知しておりませんが、積極的な勧奨となった場合には、個別通知します。)
平成25年6月14日付けで厚生労働省から、専門家による検討会が、『(子宮頸がん予防)ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がヒトパピローマウイルス様粒子(子宮頸がん予防)ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない』としたことにより、子宮頸がん予防ワクチンの接種を「積極的にはお勧めしない」と連絡がありました。
しかし、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではなく、対象者が希望する場合は定期接種として受けることができます。接種を受ける場合には、有効性及び安全性等について十分に理解した上で接種してください。今後、積極的な勧奨となった場合には、広報くきや市ホームページ、個別通知でお知らせします。
ヒブ
(インフルエンザ菌b型)
生後2か月から5歳未満の間に、1回~4回接種(接種開始年齢により、接種回数が異なります。)
☆標準的な接種
初回接種:生後2か月以上7か月未満の間に接種を開始し、生後12か月に至るまでの間に27日以上の間隔で3回接種
★標準的には27日~56日の間隔
追加接種:初回終了後7か月以上の間隔をおいて1回接種
★標準的には7か月~13か月までの間隔(注:12か月までに初回接種を終了しなかった場合は、初回接種の最後から27日以上の間隔をおいて1回接種)
*生後7か月以上1歳未満に開始する場合は、初回2回、追加1回の合計3回接種
*1歳以上5歳未満に開始する場合は、1回接種

乳児家庭全戸訪問時に配布
小児用肺炎球菌 生後2か月以上5歳未満の間に、1回~4回接種(接種開始年齢により、接種回数が異なります。)
☆標準的な接種
初回接種:生後2か月以上7か月未満の間に接種を開始し、27日以上の間隔で3回接種
追加接種:初回3回目の接種後60日以上の間隔で1歳以降(生後12か月から15か月の間)に1回接種
*生後7か月以上1歳未満に開始する場合は、初回2回、追加1回の合計3回接種
*1歳以上2歳未満に開始する場合は、2回接種
*2歳以上5歳未満に開始する場合は、1回接種

乳児家庭全戸訪問時に配布
水痘(みずぼうそう)※平成26年10月1日より定期接種(予防接種法に基づく予防接種)になりました。 1歳から3歳になる日までに3か月以上の間隔をあけて2回接種
☆標準的な接種は、生後12か月から15か月の間に1回接種。
1回目の接種終了後、6か月から12か月の間隔をおいて2回目を接種
注記:すでに水痘(みずぼうそう)にかかったことのある方は、接種の対象外となります。
10か月児健診時に配布
B型肝炎※平成28年10月1日より定期接種(予防接種法に基づく予防接種)になりました。

平成28年4月1日以降に生まれた児
生後1歳になる日までに3回接種
1回目から27日以上の間隔で2回目を接種、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を皮下に注射する。
☆標準的な接種期間は、生後2月に達した時から生後9月に達するまでの期間

乳児家庭全戸訪問時に配布

接種期間を超えた場合は、予防接種法に基づく健康被害救済制度の該当とならず、定期予防接種として認められません。接種費用も自己負担となりますので、ご注意ください。

  • 個別接種は、市内予防接種実施医療機関で通年(休診日を除く)受けられます。
  • 予診票は、市内予防接種実施医療機関及び保健センター窓口に設置します。

市内予防接種実施医療機関

  • 医療機関によっては、予約が必要な場合もありますので、事前にお問い合わせください。
  • 市外の医療機関で予防接種を希望される方は、接種協力医の確認が必要なため、お住まいの地区の保健センターにお問い合わせください。
  • 母子健康手帳・予診票をお持ちください。
  • 予防接種を受ける前に必ず、冊子「予防接種と子どもの健康」(乳児家庭全戸訪問等で配布)など、市から配布された説明書をお読みください。
  • 接種期間や接種間隔を必ず守って予防接種をお受けください。年齢の考え方は、誕生日の前日から次の誕生日の前日までとなります。
  • 費用は無料です。

問い合わせ

中央保健センター
電話0480-21-5354
FAX0480-21-5392
chuo-hokencenter@city.kuki.lg.jp


菖蒲保健センター
電話0480-85-7021
FAX0480-85-7886
shobu-hokencenter@city.kuki.lg.jp


栗橋保健センター
電話0480-52-5577
FAX0480-52-0123
kurihashi-hokencenter@city.kuki.lg.jp


鷲宮保健センター
電話0480-58-8521
FAX0480-59-2441
washinomiya-hokencenter@city.kuki.lg.jp

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 中央保健センター
〒346-0005 久喜市本町5丁目10番47号
電話:0480-21-5354 Eメール:chuo-hokencenter@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始