このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

不育症について

更新日:2015年3月4日

不育症について

不育症とは

妊娠はするけれども、2回以上の流産や死産、もしくは生後1週間以内の早期新生児死亡を2回以上繰り返す場合、不育症と診断されます。
また1人目が正常に分娩しても、2人目、3人目が続けて流産や死産になった際、続発性不育症として検査をし、治療を行う場合があります。
流産や死産は胎児の異常により引き起こされた結果で、治療の対象にはならないと考えられてきましたが、「不育症」という疾患が存在することが分かり、治療法も開発されています。

不育症のリスク因子

(1)夫婦いずれかの染色体異常
(2)子宮形態異常
(3)甲状腺異常
(4)坑リン脂質抗体症候群
(5)凝固因子異常(プロテインS欠乏症、プロテインC欠乏症、第12因子欠乏症など)
詳しくは、厚生労働省研究班ホームページをご覧ください。

(厚生労働省研究班)

(厚生労働省研究班)

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 中央保健センター
〒346-0005 久喜市本町5丁目10番47号
電話:0480-21-5354 Eメール:chuo-hokencenter@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始