このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

黙山元轟の伝記(歴史資料でよむ久喜市ゆかりの人物ブックレット4)

更新日:2019年12月27日

問い合わせ先:文化財保護課文化財・歴史資料係

『歴史資料でよむ久喜市ゆかりの人物ブックレット』は、久喜市にゆかりのある人物について、歴史資料を取り上げながら、分かりやすく解説するシリーズです。専門家(監修者)による寄稿文、歴史資料の本文と現代語訳などを掲載しています。

黙山元轟の伝記(歴史資料でよむ久喜市ゆかりの人物ブックレット4)

人物

黙山元轟(もくさんげんごう)は、曹洞宗の高僧であり、鷲宮にある迦葉院を開山しました。
天和3年(1683)10月29日に現在の秋田県横手市増田町で生まれ、14歳の時に仏門に入り、同地の満福寺で修行しました。その後は各地で修行の行脚を行い、ひたすら坐禅に勤しんだことから、「坐禅黙山」といわれました。
また、13年間同じ足袋を使い続けるなど、物を大切にする心を持ち、質素倹約を実践しました。

発行年月日

平成31年3月27日

監修

愛知学院大学名誉教授 川口 高風

電子書籍

ホームページ掲載用に画像の画質を落としてあります。

刊行物の体裁

A5判・51頁

刊行物の価格

400円

刊行物の販売

文化財保護課、郷土資料館、公文書館で頒布しています。

また、郵送での頒布も行っています。書籍の重さにより手続きや送料が変わりますので、詳しくは下記のページをご覧ください。
刊行物の郵送について

刊行物の重さ

77グラム


表紙


本文

目次

1 寄稿「黙山元轟の伝記と活動」

黙山の略伝
東昌寺と総寧寺の本末論争
黙山の逸話
 (一)東昌寺修業時代
 (二)阿彌陀寺再建時代
 (三)迦葉院の寺宝
 「遺贈簿」と遺贈品について
 黙山の弟子と示寂後の顕彰

2 関係資料 解題

3 関係資料(現代語訳)

『迦葉黙山和尚年譜』

4 関係資料(本文)

『迦葉黙山和尚年譜』

5 主な参考文献

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒340-0295 久喜市鷲宮6丁目1番1号 ※令和3年5月6日(木曜日)から鷲宮総合支所に移転しました
電話:0480-58-1111 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始