このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

東日本大震災により自己の家屋に居住できなくなった方への固定資産税の軽減について

更新日:2018年4月25日

東日本大震災により自己の家屋に居住できなくなった方への固定資産税の軽減について

東日本大震災により住宅が滅失・損壊した方や、原子力発電所の事故による居住困難地域に土地家屋を所有していた方で、それに代わる土地や家屋を久喜市内に取得した場合、一定の条件を満たせば久喜市内の代替資産に対する固定資産税・都市計画税の軽減措置の特例を受けることができます。

(1)被災住宅用地に対する固定資産税等の特例措置

東日本大震災により滅失又は損壊した住宅の敷地を所有する方は、こちらの説明資料1をご参照ください。

被災住宅用地に対する固定資産税等の特例措置の申請に必要な書類はこちらの様式第1号(固定資産税等の被災住宅用地等申告書)をご参照ください。

(2)被災代替住宅用地に対する固定資産税等の特例措置

東日本大震災により滅失又は損壊した住宅の代替土地を取得した方は、こちらの説明資料2をご参照ください。

被災代替住宅用地に対する固定資産税等の特例措置の申請に必要な書類はこちらの様式第2号(東日本大震災により被災した土地又は家屋の代替土地又は家屋に係る固定資産税等の特例適用申告書)、様式第3号(誓約書)及び様式第4号(誓約書)をご参照ください。

(3)被災代替家屋に対する固定資産税等の特例措置

東日本大震災により滅失又は損壊した家屋に代わる代替家屋を取得した方は、こちらの説明資料3をご参照ください。

被災代替家屋に対する固定資産税等の特例措置の申請に必要な書類はこちらの様式第2号(東日本大震災により被災した土地又は家屋の代替土地又は家屋に係る固定資産税等の特例適用申告書)及び様式第5号(代替家屋特例に係る被災家屋の処分についての申立書)をご参照ください。

(4)代替住宅用地に対する固定資産税等の特例措置

東日本大震災における原子力発電所の事故による居住困難区域内住宅用地の代替住宅用地を取得した方は、こちらの説明資料4をご参照ください。

代替住宅用地に対する固定資産税等の特例措置の申請に必要な書類はこちらの様式第6号(東日本大震災における原子力発電所の事故による居住困難区域内の土地又は家屋の代替土地又は家屋に係る固定資産税等の特例適用申告書)、様式第4号(誓約書)及び様式第3号(誓約書)をご参照ください。

(5)被災代替家屋に対する固定資産税等の特例措置

東日本大震災における原子力発電所の事故による居住困難区域内家屋の代替家屋を取得した方は、こちらの説明資料5をご参照ください。

被災代替家屋に対する固定資産税等の特例措置の申請に必要な書類はこちらの様式第6号(東日本大震災における原子力発電所の事故による居住困難区域内の土地又は家屋の代替土地又は家屋に係る固定資産税等の特例適用申告書)及び様式第7号(誓約書)をご参照ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

財政部 資産税課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:shisanzei@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始