このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

事業年度の中途に事務所等を新設・廃止した場合、法人市民税の均等割額はどのように計算するのですか

更新日:2018年4月1日

お答えします

 均等割の額は、次の計算式のとおり、事務所等を有していた期間(月数)に応じて算定します。

計算式:均等割の額=均等割の税率(年額) × 事務所、事業所又は寮等を有していた月数 ÷ 12か月

 詳しくは、久喜市役所市民税課諸税係へお問い合わせください。

備考:事務所等を有していた月数は、暦に従って計算し、1月に満たないときは1月とし、1月に満たない端数を生じたときは切り捨ててください。

関連ページ

このページに関するお問い合わせ

財政部 市民税課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:shiminzei@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始