このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

家屋(住家)を壊しても、固定資産税が安くならないのですが

更新日:2018年4月1日

お答えします

住宅の敷地に使用されている土地には、「住宅用地に対する課税標準額の特例」が適用されています。

住家を取り壊した場合、家屋に対する固定資産税は無くなりますが、「住宅用地に対する課税標準額の特例」が適用されなくなるため、土地の固定資産税額が上昇することになります。

このため、土地と家屋の増減額によっては、一概に安くなるとはいえません。

詳しくは関連ページ「住宅用地に対する課税標準額の特例」をご覧ください。

関連ページ

このページに関するお問い合わせ

財政部 資産税課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:shisanzei@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始