このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

南栗橋8丁目周辺地区のまちづくり ~BRIDGE LIFE Platform構想~

更新日:2021年11月29日

お問い合わせ:都市計画課 計画・堤防対策係

BRIDGE LIFE Platform

 本市は、東武日光線南栗橋駅の周辺を対象とした地区において、産官学連携による次世代のまちづくりを推進するプロジェクト「BRIDGE LIFE Platform構想」を、東武鉄道株式会社、トヨタホーム株式会社、イオンリテール株式会社、早稲田大学大学院 小野田研究室と共同で策定しました。
 本プロジェクトでは、この5者が連携して、住宅・商業施設・生活利便施設等からなる新たなまちづくりを推進し、豊かな暮らしの実現を目指していきます。

対象地区の位置

位置図・街区設定図

 本プロジェクトの舞台となるのは、南栗橋駅の南西約500mに位置する、久喜市南栗橋8丁目及びその周辺を対象とした面積約16.7haの地区です。
 南栗橋エリアは、豊かな自然に近く、かつ都心へ直結しており、「自然」と「都心」の両方の魅力を享受できる立地特性を有しています。

各街区の土地利用

戸建街区:先進設備を取り入れたスマートタウン

戸建街区

商業街区:スーパーマーケットなど2棟の建築

商業街区

生活利便街区:医療・福祉施設等の充実

生活利便街区

遊歩道・公園の改修:居心地の良い空間づくり

遊歩道・公園

主なスケジュール

スケジュール
時期内容
令和3年11月10日5者協定の締結
報道機関向け記者発表会の開催
令和4年5月頃街びらきイベントの開催
戸建住宅の販売開始
スーパーマーケット等の開業
令和5年度以降既存の道路や公園の改修

協定の締結・記者発表会の開催

 本地区のまちづくりに取り組む5者(久喜市、東武鉄道株式会社、トヨタホーム株式会社、イオンリテール株式会社、早稲田大学大学院 小野田研究室)が緊密に連携し協力するため、令和3年11月10日、「まちづくりに係る連携・協力に関する協定書」を締結しました。
 そして同日、報道機関向けの記者発表会を、東京スカイツリー(天望デッキ フロア350)で開催しました。

記者発表会の様子

記者発表会場の様子
会場の様子

梅田市長の挨拶
梅田久喜市長の挨拶

フォトセッション

左からイオンリテール株式会社 鯉渕執行役員、トヨタホーム株式会社 後藤取締役社長、梅田久喜市長、東武鉄道株式会社 横田常務執行役員、早稲田大学大学院 環境・エネルギー研究科 小野田教授

このページに関するお問い合わせ

建設部 都市計画課
〒346-0024 久喜市北青柳1404番地7
電話:0480-22-1111 Eメール:toshikeikaku@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始