このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

催馬楽神楽の保存・伝承

更新日:2018年5月29日

保存・伝承

鷲宮催馬楽神楽の保存・伝承は、鷲宮催馬楽神楽保存会を中心に、郷土芸能部の活動をはじめ、多くの方々の理解と協力の下に行われています。

鷲宮催馬楽神楽保存会

 昭和30年に「鷲宮神社神楽復興会」が設立され、昭和35年に「鷲宮催馬楽神楽保存会」と改称されました。
 保存会(会員約20名)は、神社の祭礼での神楽公開(年7回)、依頼による神楽公開、後継者の指導にと、忙しく活動しています。

郷土芸能部の活動

 昭和55年4月、鷲宮中学校に「郷土芸能クラブ」が設立され、鷲宮催馬楽神楽の練習が始められました。平成5年4月に名称をかえ、「郷土芸能部」となっています。
 部の活動は週1回ですが、設立当初から神楽保存会員の指導の下、熱心に続けられています。部出身者で、保存会員になり神楽を続けている人もいます。

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始