このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

脳卒中を予防しましょう

更新日:2016年5月18日

脳卒中とは

 脳卒中は、脳の血管が破れることで起こる脳内出血やくも膜下出血、脳の血管が詰まることで起こる脳梗塞があります。脳細胞に栄養が届かなくなり、脳細胞が死んでしまうため、麻痺や言語障害などの後遺症が残ることがあります。
 現在、がん、心臓病、肺炎に次いで、日本人の死因の第4位を占めており、久喜市においても同様です。

脳卒中の初期症状

 激しい頭痛、舌がもつれる、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない、物が2重に見える、立てない、歩けない、よろける、顔や体の左右どちらかの感覚がおかしい(麻痺やしびれ)等が突然起こります。
 できるだけ早い時期の適切な治療が、救命や後遺症の軽減に影響します。このような場合は、ただちに医療機関を受診しましょう。

脳卒中の予防

 脳卒中の発症は、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病と深い関係があります。タバコや過度の飲酒は避け、バランスのとれた食事や適度な運動を心がけましょう。また、年に一度は健康診査を受け、体の状態を知り、健康管理に役立てましょう。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「健康のため水を飲もう」推進運動(外部サイト)

このページに関するお問い合わせ

健康・子ども未来部 中央保健センター
〒346-0005 久喜市本町5丁目10番47号
電話:0480-21-5354 Eメール:chuo-hokencenter@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始