このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

年金を受給していますが、後期高齢者医療保険料は年金から差引かれるのですか

更新日:2016年7月4日

お答えします

受給されている年金から、あらかじめ後期高齢者医療保険料をいただくことを「特別徴収」といいますが、年金を受給している人が全員特別徴収となるわけではありません。
特別徴収は次の2つの条件に該当する被保険者が対象となります。

  • 介護保険料が年金から差引かれていること
  • 特別徴収の対象となる優先順位の高い1つの年金の年額が18万円以上であり、1期あたりの後期高齢者医療保険料と介護保険料の合計が、1回に受け取る年金額に対してその受給額の2分の1を超えないこと

上記の条件に該当する方については特別徴収となりますが、申出により口座振替に変更することができます。

関連ページ

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 国民健康保険課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:kenkohoken@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始