このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

電気工事業の届出(みなし登録)に該当する方の手続き

更新日:2019年10月18日

届出(みなし登録)に該当する方は「一般用電気工作物の工事を行い」「建設業を取得している」方です。

届出に必要な要件(全ての要件を満たしていること)

  • 一般用電気工事を行う営業所ごとに、主任電気工事士を1名選任すること
  • 事業者・法人役員・主任電気工事士が登録拒否要件に該当しないこと
  • 工事後の確認用の検査器具を営業所に備え付けていること

主任電気工事士に選任することができる方(複数の営業所を兼務することはできません)

1.第一種電気工事士免状を取得している方
2.第二種電気工事士免状を取得後、3年以上の実務経験を有し、それを証明できる方

備え付けが義務づけられている検査器具

一般用電気工作物の工事のみ行う場合
絶縁抵抗計、接地抵抗計、抵抗及び交流電圧を測定できる回路計
自家用電気工作物の工事も行う場合
上記に加えて、低圧検電器、高圧検電器、継電器試験装置(借用・計測依頼で対応することも可)、絶縁耐力試験装置(借用・計測依頼で対応することも可)

申請に必要な書類

申請の際に必要な書類は次の通りです。

  1. 電気工事業開始届出書(様式第18)
  2. 誓約書・主任電気工事士の雇用証明書
  3. 主任電気工事士等実務経験証明書(主任電気工事士が第二種電気工事士の場合)
  4. 主任電気工事士の工事士免状原本(コピー不可)
  5. 個人で申請される場合は住民票抄本原本、法人で申請される場合は登記事項証明書原本
  6. 建設業許可通知書の写し(コピー)
  7. 備付器具調書
  8. 標識仕様書

実務経験証明書は、主任電気工事士が第二種電気工事士の場合に必要になります。ダウンロード様式に記入例が添付されていますので参考にしてください。

申請に当たっての注意点

申請を行う際には、次の点に注意してください。

  1. 提出部数は1部です。
  2. 主任電気工事士が第一種電気工事士の場合は、主任電気工事士等実務経験証明書は不要です。
  3. 電気工事士免状や住民票(又は登記事項証明書)は必ず原本をお持ちください。
  4. 住民票(又は登記事項証明書)は申請日から3ヶ月以内の、個人番号の記載のないものに限ります。
  5. 登録業者の方が建設業許可を取得した場合や、建設業許可切れによる再度新規届出を行う場合は、同時に廃止届も必要になります。その場合は旧登録証(又は届出受理通知書)原本を添付してください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民生活課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:shiminseikatsu@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始