市指定 炮烙地蔵

更新日:2019年10月8日

問い合わせ先:文化財保護課文化財・歴史資料係

炮烙地蔵(ほうろくじぞう)

種別

彫刻

指定年月日

昭和53年3月29日

所在地

久喜市栗橋東3丁目15番7号

所有者(管理者)

新町

概要

 この像は宝永7年(1710)に建立された石仏で、江戸時代に関所破りをした者等の処刑場に、供養のために建立されたと伝えられています。地蔵菩薩の回りには多くの焙烙が奉納されていますが、この焙烙は処刑で火あぶりになった者の供養のため、火にあぶる焙烙になぞらえて奉納されるようになったと伝えられます。

 現在では、子どもの成長を願い、焙烙に名前を書き入れ奉納されています。

 また、エボ地蔵とも言われ、あげた線香の灰をエボ(イボ)につけると治る、といい伝えられています。

写真 炮烙地蔵
炮烙地蔵

『広報くき』連載「久喜歴史だより」

参考文献

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒340-0295 久喜市鷲宮6丁目1番1号
電話:0480-58-1111
Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp

市のトップへ戻る