令和5年度久喜市ゼロカーボン推進補助金

更新日:2023年6月12日

問い合わせ:環境課ゼロカーボン推進係

久喜市では、地球温暖化防止への寄与を目的として、住宅用太陽光発電システムや電気自動車等を新たに購入した場合には、購入費用の一部を助成しております。

申請の受付について

申請受付期間:令和5年5月8日(月曜)~令和5年12月28日(木曜)
予算額   :1,972万円
受付方法  :窓口または郵送(期限内必着)
提出先   :〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38番地 菖蒲総合支所内 環境課ゼロカーボン推進係
※受付期間終了後、申請額の総計が予算額を 上回っていた場合は抽選を行います。
※久喜市役所本庁舎、栗橋および鷲宮総合支所では申請を受理できませんのでご注意ください。

補助対象となる方

・市内に自ら(または生計を一にする方)が居住または新築する住宅に対象機器を設置する方。
・市内に存する対象機器が設置された新築の建売住宅を、自らが居住するために購入する方。
※二世帯住宅は、二世帯が完全に別世帯として生活し、対象機器を別々に契約して購入・設置する
場合は、両方の世帯が対象となります。
・過去に同じ機器の補助を受けていない方。
・前年度までの市税を滞納していない方。
・令和6年3月12日(月曜)時点で久喜市内に住民票がある方。

補助対象機器について

令和5年3月9日(木曜)~令和6年3月8日(金曜)の期間内に引き渡しが完了する下記の機器

□補助内容
番号 対象機器 補助額
(1) 太陽光発電システム 60,000円
(2) 太陽熱利用システム 15,000円
(3) 家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム) 40,000円
(4) 自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート) 20,000円
(5) 潜熱回収型ガス給湯器及びハイブリッド給湯器(エコジョーズ等) 10,000円
(6) 定置型リチウムイオン蓄電池 65,000円
(7) 家庭用エネルギー管理システム(HEMS) 5,000円
(8) 電気自動車等充給電設備(V2H) 50,000円
(9) 高遮熱塗装 1平方メートルあたり400円(最大20,000円)(※1)
(10) ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) 200,000円(※2)
(11) 電気自動車または
プラグインハイブリッド車
50,000円

※1・・・1,000円未満の申請額は切り捨てです。(例:塗装面積40.2平方メートル×400円=16,080円→申請額16,000円)
※2・・・(10)ZEHを申請される方は(1)~(9)の機器を併用して申請することはできません。

対象機器の詳細

対象機器の詳細
番号 対象機器(略称) 機器の詳細
(1) 太陽光発電システム 太陽電池を利用することにより、太陽光を受けて発電するシステム。申請者が所有する住宅の同一敷地内の納屋や駐車ガレージの屋根、もしくは庭に設置するものも含みます。
(2) 太陽熱利用システム 太陽熱エネルギーを集熱器に集めて給湯や空調に利用する、集熱器と貯湯槽が一体型となったシステム。または、太陽熱エネルギーを集熱器に集めて給湯や空調に利用するシステムで、集熱器及び蓄熱槽が独立して設置され、動力を用いて水または冷媒を強制循環させるシステム。
(3) エネファーム 都市ガス、LPガス、灯油などから燃料となる水素を取り出して、空気中の酸素と反応させて発電し、発電時の排熱を給湯等に利用するシステム。
(4) エコキュート 自然冷媒(CO2等)を利用する空気熱源方式のヒートポンプ式給湯機。
(5) エコジョーズ等 潜熱を回収するための熱交換機を備えている給湯機、またはこれとヒートポンプ式を組み合わせた給湯機。
(6) 蓄電池 再生可能エネルギー等により発電した電力または夜間電力などを利用して、繰り返し電力を蓄え、停電時や電力需要のピーク時など必要に応じて電気を活用することが出来るシステム。
(7) HEMS 家庭の電力使用量等を自動で測定し、エネルギーの「見える化」を図るとともに、エネルギー使用の効率化及び電力需要の制御を図るシステム。
※「ECHONET Lite」を搭載し、創エネ・蓄エネ機器等と接続しているものが補助対象です。
(8) V2H 電気自動車等に搭載された蓄電池と宅内の分電盤を接続することで、自動車と住宅で電気を融通しあう受給電気システム。
(9) 高遮熱塗装 太陽光を反射させ屋根温度の上昇を防ぎ、室内の温度上昇を抑える塗料。
※JIS K5675適合品または、日射反射率が別表のとおりである塗料を用いた工事が対象となります。
(10) ZEH 再エネ・省エネ機器の設置及び断熱性能の高い壁や窓を備えることで、年間消費エネルギーが概ねゼロとなるよう設計され認定された住宅。
※建物省エネルギー性能表示制度(BELS)においてZEHの評価を受けているもの(NearlyZEH、ZEHOrientedを除く)が補助対象です。
(11) 電気自動車 電池によって駆動する電動機を原動機として搭載した4輪以上の検査済み自動車であり、外部からの充電が可能なもの。
プラグインハイブリッド車 エネルギー回生機能を有する4輪以上の検査済み自動車であり、外部からの充電が可能なもの。

高遮熱塗装の日射反射率の基準
明度L*値 日射反射率
40.0以下 40.0%以上
40.0超80.0未満 明度L*値の値以上
80.0以上 80.0%以上

補助対象となるHEMS

本制度の対象となるHEMSは「ECHONET Lite」が搭載されたものです。ご申請予定のHEMSが補助要件を満たすかどうかについて、以下サイトからご確認いただけます。

申請から補助金の受け取りまでの流れ

1.申請書の提出

令和5年5月8日(月曜日)から令和5年12月28日(木曜日)までの期間内に必要書類を揃え、環境課ゼロカーボン推進係まで提出してください。

必要書類
機器・事業 必要書類
全事業共通 申請書(様式第1号)
※令和5年6月12日(月曜日)から申請書が新しくなっております。
申請機器の契約書(写し)
(電気自動車またはプラグインハイブリッド車の場合、発注書(写し)でも可)
(新築住宅または建売住宅に補助対象機器を設置される場合、住宅の工事請負契約書(写し)または売買契約書(写し)でも可)
※契約書に対象機器の導入に係る費用が記載されていない場合、見積書等の導入経費が明記された書類も併せてご提出ください。
設備・機器の機能や型式等が判別できるカタログ(写し)
※太陽光発電システムをご申請の場合は、発電出力が明記された書類も併せてご提出ください。(太陽光パネルのレイアウト図など)
高遮熱塗装 使用する塗料の日射反射率が明記された書類
塗装面積が明記された書類(契約書の写しに明記されていない場合)
ZEH BELS評価書(写し)

2.抽選結果の確認

受付期間終了後、申請額の総計が予算額を上回っていた場合、抽選を行います(令和6年1月中旬頃を予定)。抽選結果については全ての申請者へ送付します。また、市ホームページでも結果について掲載いたします。
※申請総額が予算額を下回った場合は抽選を実施せず、全ての申請者へ交付決定を行います。

実績報告書・請求書の提出

「交付決定通知書」を受け取った申請者は、実績報告書・請求書を提出してください。
実績報告書及び添付書類の提出期限:令和6年3月12日(月曜日)まで

  • 実績報告書(様式第6号)
  • 省エネ設備等の領収書(写し)
  • 省エネ設備等の引渡後写真(カラーのもの)
  • 省エネ設備等の引渡日が明確に分かる書類(写し)(電気自動車またはプラグインハイブリッド車の場合は自動車検査証の写し)

請求書の提出期限:令和6年3月29日(金曜日)まで
請求書の受付後、補助金は1か月~1か月半で振り込まれますので、口座をご確認ください。
※お振込みが確認出来ない場合は、環境課ゼロカーボン推進係までご連絡ください。

様式(PDF版)

様式(Word版)

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 環境課
〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38番地
電話:0480-85-1111
Eメール:kankyo@city.kuki.lg.jp

市のトップへ戻る