このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市内の博士関係施設(本多静六記念館ほか)

更新日:2016年3月13日

5 市内の博士関係施設(本多静六記念館ほか)

本多静六記念館

本多静六博士没60年記念事業で整備した本多静六記念館が平成25年4月21日にオープンしました。記念館には、博士の直筆の資料や遺品などの貴重な資料をはじめ、公園の模型や写真、博士が手がけた全国各地の公園や観光地のポスターを展示しています。

皆さん、ぜひ記念館にお越しください。(入館無料)

本多静六記念館全景

本多静六記念館の概要
場所 菖蒲総合支所5階
〒346-0192
久喜市菖蒲町新堀38
電話 電話:0480-85-1111(菖蒲総合支所代表)
休館日 土曜日・祝日(日曜日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始(12月29日~1月3日)
開館時間 9時00分~17時00分
その他 記念館には、職員は常駐しておりません。

あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル開催期間中の土曜日は開館します。

本多静六博士生誕地記念園

博士の顕彰事業の一環として、生誕地である菖蒲町河原井の近くの旧国道122号、台地内「道のオアシス」の中に記念園があります。

広さは約400平方メートルで、園内には博士の胸像が設置されているほか、博士ゆかりのイチョウ(日比谷公園の「首かけイチョウ」を接ぎ木したもの)やユリノキが植えられています。また、胸像の台座には秩父市(旧大滝村)にある中津川県有林産の石が使われています。


本多静六博士生誕地記念園

本多静六博士の森

菖蒲南部産業団地 三崎の森公園内に、本多静六博士の森が整備されています。

この森は、埼玉県による「本多静六博士の森づくり」の一環として、平成20年度に整備されました。

平成20年度に開始された「本多静六博士の森づくり」は、博士が明治神宮の森を造成したときの、自然の力を生かした森づくりの考え方を取り入れて県内各地への森の整備を行うものです。

この森づくりの第1号として、博士生誕の地である旧菖蒲町が選ばれ、平成21年2月23日に植栽が行われました。

植栽後の管理は、埼玉県、市、「本多静六博士を顕彰する会」が役割分担に関して協定を締結し、行っています。


本多静六博士の森(菖蒲南部産業団地 三崎の森公園内)

森の概要
場所 菖蒲南部産業団地 三崎の森公園内
久喜市菖蒲町三箇63番地ほか
面積 0.2ヘクタール
植栽本数 500本
(コナラ、クヌギ、エゴノキ、シラカシ、スダジイほか)

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38番地
電話:0480-85-1111 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始