このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定 一里塚

更新日:2018年7月25日

一里塚(いちりづか)

種別

史跡

指定年月日

平成4年7月30日

所在地

久喜市小右衛門516

所有者(管理者)

真光寺

概要

 慶長9年(1604)、徳川幕府は、大久保石見守に命じて東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道の五街道をはじめとして、主要街道に一里塚を築かせました。

 江戸の日本橋を基点として、一里(約4キロメートル)毎に塚を築き、その上に榎を植えて道のりを表し、伝馬制度に大きな役割を果たしたほか、旅人の休憩所にも利用されました。付近には茶店などもあり、また、駄賃などの目安にもなり大いに賑わったと思われます。今でいえば、鉄道の駅のような存在でした。

 この塚は、幸手宿と栗橋宿の中間の小右衛門村(現久喜市小右衛門)にあり、幸手宿内の一里塚の次に当たります。

 現在、塚の上には、字堤外(現・権現堂川)から移築されたという弁財天堂が建てられており、塚の高さは西側から約2メートル、5間(約9メートル)四方の遺構は、塚の形態と当初の広さを残し、当時の姿を偲ぶことができます。

写真 一里塚
一里塚

『広報くき』連載「久喜歴史だより」

案内図

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始