このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定 木造聖観音菩薩坐像及び厨子

更新日:2017年12月11日

木造聖観音菩薩坐像及び厨子(もくぞうしょうかんのんぼさつざぞう および ずし)

種別

彫刻

指定年月日

昭和60年6月4日

所在地

久喜市菖蒲町小林2279

所有者(管理者)

妙福寺

概要

 この像は鎌倉時代の作で、高さ50.4センチメートルの坐像です。

 けやきの寄木造で、玉眼を嵌入しています。作風は運慶様式を基調に、当時影響の強かった宋風を加味しており、時代及び作風の知れる仏像として貴重なものです。この仏像は60年に一度開帳する秘仏として古くより人々の信仰を集めました。

写真 木造聖観音菩薩坐像及び厨子
木造聖観音菩薩坐像及び厨子

参考文献

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始