このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定 円空作木造不動明王坐像

更新日:2019年10月9日

問い合わせ先:文化財保護課文化財・歴史資料係

円空作木造不動明王坐像(えんくうさくもくぞうふどうみょうおうざぞう)

種別

彫刻

指定年月日

平成4年11月30日

所在地

久喜市菖蒲町河原井137

所有者(管理者)

幸福寺(久喜市立郷土資料館)

概要

 この像は江戸時代初期の造仏僧・円空による作です。

 樹齢35年程の杉丸太材を縦半割りにし、その割り放ち面に簡潔・素朴に彫り出されています。両眼を見開き、口に上下の牙を表した忿怒の顔をして身には条帛・裳をまとい、左手に羂索、右手に剣を持っています。像の背面は表皮を剥いだ木肌をそのまま残し、底には鋸の切断面を残しています。

 この像は技法からみて、円空晩年の作品で、天和・貞享から亡くなる元禄8年までの間(1681~1695)の作とされています。

写真 円空作木造不動明王坐像
円空作木造不動明王坐像

『広報くき』連載「久喜歴史だより」

参考文献

関連する指定文化財

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始