令和元年6月25日 深沢七郎文学記念館(蓮見特派員)

更新日:2019年7月2日

「楢山節考」作者の深沢七郎は、晩年の22年間を菖蒲で過ごしました

「楢山節考」の作者として有名な深沢七郎さんが、晩年の22年間を菖蒲町で過ごしたのを知っていますか。実は、菖蒲総合支所の近くの「ラブミー農場」と呼ぶ家に住んでいたのです。近所に住んでいた森田進さんは、深沢七郎さんにギターを習っていたのです。そんな縁で、遺品を譲り受けたり、資料を集めたりしました。その多くは久喜市に寄贈しました。その一部を展示するため私費で「深沢七郎文学記念館」を開いたのです。
 今回、森田さんに案内していただきました。多くの著作物、ポスター、原稿用紙、私家版の「秘戯」「みちのくの人形たち」、すし屋の提灯と湯呑、今川焼屋で使った鉄板などが展示されています。

このページに関するお問い合わせ

総務部 市政情報課
〒346-0022 久喜市下早見85番地の1
電話:0480-22-1111
Eメール:shiseijoho@city.kuki.lg.jp

市のトップへ戻る