コロナに負けるな!~「今できること」を考えよう~

更新日:2020年6月16日

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、「うつさない」「うつらない」ように日ごろから気を付けて生活することが求められています。
そのようななか、特に高齢者は外出の機会が減ることで、筋力の低下によるフレイル(虚弱)や、免疫力の低下、生活不活発病の発症などが心配されています。
今後、新しい生活様式を実践していくなかで、日々の暮らしにおいて軽い運動やちょっとした工夫を取り入れることは、健康を維持するために役立ちます。
おうち時間を楽しく健康に過ごす知恵「おうちえ」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

フレイル予防とおうち時間の過ごし方

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京大学 高齢社会総合研究機構のホームページ(外部サイト)には、おうち時間を楽しく健康に過ごすための知恵を集めた「おうちえ」が掲載されています。
「おうちえ」には新型コロナウイルスやフレイル(虚弱)の情報に加えて、家の中でできるトレーニングや、もしものときのための準備、おうち時間をより快適に過ごすための工夫などが具体的に紹介されています。
「おうちえ」を活用しながら、「いまできること」を考え、毎日を楽しく前向きに過ごしましょう。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢者福祉課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111
Eメール:koreifukushi@city.kuki.lg.jp

市のトップへ戻る