このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

職員の不祥事に対する懲戒処分について

更新日:2019年6月28日

職員の不祥事に対する懲戒処分について

このたび、収賄罪で逮捕された職員について、本日付けで懲戒免職処分としました。
また、事件当時の管理監督者である上司を減給及び戒告の懲戒処分としました。
市民の皆さまには、本市職員が収賄という公務員としてあるまじき不祥事を起こしたことについて、この場をお借りして深くお詫び申し上げます。
今後、このような不祥事を二度と起こさぬよう再発防止に万全を期するとともに、職員の服務規律の徹底を図り、市民の皆さまの信頼回復に全力で取り組んでまいります。

令和元年6月28日
久喜市長 梅田 修一

1 事件の概要

 当該職員は、上下水道部水道施設課課長補佐兼維持係長であった、平成28年10月頃から平成30年1月頃までの間、本市が発注する浄水場の廃棄物処理などの業務の随意契約を巡り、「株式会社ティーケイ」が選定されるよう便宜を図る見返りに、同社社長から謝礼として6回にわたり、現金合計60万円の賄賂を受けた。

2 処分内容

(1)対象職員   総務部人事課付 平良淳(59歳・男性)
          ※逮捕当時:上下水道部下水道業務課課長補佐兼係長
(2)処分内容   懲戒免職
(3)処分年月日  令和元年6月28日(金曜日)

3 処分理由

 当該職員は、多額の借金の返済に窮して賄賂を受け取ったことが公判により明らかとなったが、非違行為に至った動機は極めて恣意的であり、職場内での立場を利用した非常に悪質な犯行であった。
 今回の不祥事は、公務に対する市民の信頼を大きく失墜させたものであり、地方公務員法第33条に違反し、情状酌量の余地はないものである。
 よって、地方公務員法第29条第1項第3号の規定に基づき、処分するものである。

4 管理監督者に対する処分

 当該職員に対する管理監督の責任を十分に果たさなかった事件当時の職員について、本日付で減給及び戒告の懲戒処分としました。
 

管理監督者の処分
事件当時の職名等 処分内容
課長級職員 減給10分の1 2月
課長級職員

減給10分の1 2月

部長級職員 戒告
副部長級職員 戒告

このページに関するお問い合わせ

総務部 人事課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:jinji@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始