このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

持続可能な開発目標(SDGs)について

更新日:2019年10月31日

問い合わせ先:企画政策課企画政策係

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGs(エスディージーズ)とは、Sustainable Debelopment Goals(持続可能な開発目標)の略称です。
2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までの国際開発目標であり、17のゴール(目標)と169のターゲット(取り組み)で構成されています。
SDGsは、格差の問題、持続可能な消費や生産、気候変動対策など、全ての国に適用される普遍的な目標であり、誰ひとり取り残さないことを目指しています。

SDGsが掲げる17のゴール(目標)

目標1 貧困をなくそう
あらゆる場所あらゆる形態の貧困を終わらせる。

目標2 飢餓をゼロに
飢餓を終わらせ、食糧安全保障及び栄養の改善を実現し、持続可能な農業を促進する。

目標3 すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。

目標4 質の高い教育をみんなに
すべての人に包括的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。

目標5 ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う。

目標6 安全な水とトイレを世界中に
すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。

目標7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保する。

目標8 働きがいも経済成長も

包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。

目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう

強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。

目標10 人や国の不平等をなくそう

国内及び各国間の不平等を是正する。

目標11 住み続けられるまちづくりを

包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。

目標12 つくる責任つかう責任

持続可能な消費生産形態を確保する。

目標13 気候変動に具体的な対策を

気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる。

目標14 海の豊かさを守ろう

持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。

目標15 陸の豊かさも守ろう

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。

目標16 平和と公正をすべての人に

持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。

目標17 パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

地方創生SDGs官民連携プラットフォームについて

内閣府では、SDGsの国内実施の促進及びそれに資する「環境未来都市」構想を推進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、地方自治体・地域経済に新たな付加価値を生み出す企業・専門性を持ったNGO・NPO・大学・研究機関など、広範なステークホルダー(利害関係者)とのパートナーシップを深める官民連携の場として、地方創生SDGs官民連携プラットフォームを設置しています。
地方創生SDGs官民連携プラットフォームでは、マッチング支援、分科会開催、普及促進活動を行っています。
久喜市もこのプラットフォームの趣旨に賛同し、入会しています。

このページに関するお問い合わせ

総務部 企画政策課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:kikaku@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始