このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

久喜北陽高等学校

更新日:2018年5月8日

市長と高校生の意見交換会の結果

 平成29年7月7日(金曜)に、県立久喜北陽高等学校を訪問し、学校の様子を見学した後、生徒の皆さん7名をはじめ多くの方に参加いただき、意見交換会を実施しました。

開催内容
日時 平成29年7月7日(金曜)15時30分~16時30分
場所 久喜北陽高等学校C102
参加者

小林校長、高校生(7名)
     大泉さん(3年生)
     川田さん(3年生)
     永園さん(2年生)
     河野さん(2年生)
     新井さん(2年生)
     島村さん(1年生)
     小林さん(1年生)
     他、参観生徒8名

市長
久喜市の中で一番好きなところはどこですか。
高校生A
提燈祭りが楽しかったです。提燈祭りの山車がたくさんあると思うが、山車が駅前に集まり、ぶつかり合う光景を見たことがあります。その光景は素晴らしく感動しました。特に、男性が山車を操っている姿を見て、伝統ある男同士の戦いのようでかっこよかったと思います。
市長
今は、女性の方も多く参加されていて山車を曳いています。ご覧になったことはありますか。
久喜の提燈祭りの起源は、通説ありますが、天明3年(1783年)祭礼用の山車を引き廻して豊作を祈願したのが始まりと言われています。そこから230余年の歳月が流れています。私も子どもの頃から大好きで、よく見に行ってました。
平成2年、久喜駅西口に駅前広場を作ったことにより、山車が駅前広場に一堂に集まることができるようになりました。駅前広場は約6,000平方メートルあり、タクシーやバスが停車出来るようになりました。
ここに、8台の山車が一堂に集まるようになってからお祭りを見に来る人が増えました。これは、行政で道路を作ったことがきっかけであり、行政が行った意味を感じることの一つです。

高校生B
久喜駅の周りが賑やかなことです。また、駅中には、駅ナカがあり、お店があって、学校帰りに友達と寄って帰れることが嬉しいです。自分が住んでいる羽生の駅と比べて賑やかなところです。
高校生C
田んぼや畑など自然が近くにあるのは良いと思います。
市長
市長としてどういう都市にするのかは重要なことです。賑やかなことはいいことですが、農業を守ることも大切なんです。
久喜市は、お米やいちご、梨が盛んです。ぜひ味わってみてください。

市長
学校までは何で通ってますか。
高校生D
自転車だったり歩いて来たりしています。
市長
高校生の皆さんは、自動車の免許を持っていませんが、久喜市は道路網が比較的便利だと思います。鉄道であれば、JR、東武線が交わって通っています。道路であれば、圏央道が東京の外周をぐるっと回るように走っています。この圏央道は、平成27年10月に埼玉県内全線が開通しました。交通利便性に恵まれた久喜市は、工業団地の誘致に力を入れてきました。何故かというと固定資産税が魅力だからです。大きい会社が来てくれると、そこに雇用が生まれます。久喜工業団地は、現在埼玉県内でも一番大きく、180ヘクタールあります。その隣に作られたのが清久工業団地であり、その中で最近キッコーマンなどの会社により工場を建設していただきました。これからも工業団地の誘致は引き続き行っていきたいと考えています。しかし、一方では、工業団地を造ると田んぼを潰してしまいます。日本全体で考えると農業を守ることはとても大切なことであり、国として考えていかなくてはいけないことです。

市長
日本の食料自給率は何%くらいか分かりますか。
高校生D
だいたい35%くらいだと思います。
市長
自給率は40%を切ってしまいました。
年々減少する日本の食料自給率を上げることは、日本として重要なことですから、工業団地を造ることと農業を守ることの両方を考えていかなくてはいけないと思っています。

市長
久喜市がこうなったら良いなと思うことはありませんか。
高校生B、E
バスの本数が少ないと思うことがあります。もう少しバスの本数が増えたら良くなると思います。
市長
それは、どういう時に感じますか。
高校生E
朝、久喜駅西口のロータリーにたくさんの人が並んでいる光景をよく目にします。バス乗り場やタクシー乗り場に並んでいる人が多く、大きなバスではないので、一度に乗れないことがあるのではないかと思います。バスを利用する人たちは、事前に並ぶ時間を考慮して電車を早めて来ている人がいるはずです。本数が増えて待つ時間が短縮されたらもっと便利になるのではないかと思います。

高校生F
久喜だけの武器があると良いと思います。
久喜のいいものがあるかと言われたら、良くも悪くも何もありません。JRとモラージュ菖蒲くらいしかないと思います。
川越の蔵造りの町並みのような通りがあったら、友達を招待することができると思います。
高校生G
自転車で通学している中で緑が少ないと思います。通学しているときにもっと緑が見えたほうが良いと思います。
市長
生活をする中でごみが出ますが、市内には焼却炉が3か所あります。菖蒲地区は、菖蒲にある焼却炉、栗橋、鷲宮地区の方は、鷲宮の八甫にある焼却炉、久喜地区の方は、宮代町と共同で運営している久喜・宮代清掃センターを使用しています。
いずれも、老朽化が進んでいるため、3つの焼却炉を一つにし、菖蒲地区に建っている焼却炉の近くに建設する予定です。
そこの隣に(仮称)本多静六記念公園を作るとしていますが、本多静六氏は久喜市を代表する偉人であり、大宮公園、日比谷公園、明治神宮をはじめ、日本の公園を200程度手がけた人です。
菖蒲総合支所5階に本多静六記念館がありますが、皆さんは知っていますか。
江戸時代の公園は、日本庭園でしたが、西洋式の公園を造った方で、日本の公園の父と呼ばれています。
(仮称)本多静六記念公園は、約10ヘクタールの広さで、完成は平成35年を目標に工事を進めていきたいと考えています。

高校生E
私の住んでいる町と比べると久喜市の方が生活しやすい印象があります。理由としては、道路も広いし、自転車も通行人も通りやすいです。また、道路もきれいで道がガタガタしていない。駅も停車駅が充実していて生活しやすい街だと思います。
高校生A
美味しいお店が増えたら良いと思います。スイーツ店がほしいです。
高校生C
駅のホームに設置されているエスカレーターの昇降が時間になると変わってしまいます。帰る時間になると上りに変わってしまう。今、怪我をしているので不便に感じます。
高校生G
久喜駅西口の大通りと一本入った道の提燈祭り通りは道の幅の差は激しく、ぶつかりそうになります。車が危ないと感じるため、一方通行にしてもらいたいです。
高校生H
朝、自転車を利用していますが、自転車レーンの上に企業のバスが止まっています。そのバスを避けようと車道側を渡ろうとすると車にひかれそうになります。

高校生F
公園でバスケットボールをやりたいです。
以前、バスケットボールができないか、インターネットで検索をして探しに行ってみたら、実際にはバスケットゴールやコートがありませんでした。体を動かして遊びたいと考えている人も多いと思います。ぜひ設置をしてほしいと思います。
市長
公園は、小さいお子さんからお年寄りなど、多くの方々にご利用いただいています。公園にバスケットゴールを設置することによって、他の利用者や騒音など、近くにお住いの方々に対し、迷惑をおかけすることもありますので、慎重に考えていかなければならないと考えています。

市長
本日は、大変ありがとうございました。
皆さんからのご意見やご提案は、これからのまちづくりに生かしていきたいと考えています。
また、皆さんが久喜市のことについて、関心や愛着を持っていただく機会になったのであれば、私にとっても嬉しいことであります。
これからの久喜市の世代を担うのは皆さんです。
選挙権が18歳以上に改正され、若者の政治への関心が高まる中、この経験が一つのきっかけとなり、この久喜に対する思いを、より一層強く持っていただきながら、市政をはじめ、地域のまちづくりへの参画、さらには「将来このまちで暮らしたい」、このような思いにつながっていくことを期待しております。
私も、昔を振り返れば、高校生活の3年間は、とても大切な時間だったと思っています。
これから皆さんも、自身の目標や夢の実現に向けて、精一杯がんばってください。
そして、楽しく充実した学校生活を過ごせますよう、心からご祈念申し上げ、お礼の言葉といたします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 庶務課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:shomu@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始