このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年度菖蒲地区人権啓発事業

更新日:2021年3月30日

問い合わせ先:菖蒲総合支所総務管理課人権推進係

例年、開催しております菖蒲地区「人権のつどい・少年の主張大会」は、新型コロナウイルス感染症の終息の見通しがたたないことから、今年度の開催を中止とし、人権のつどい事業に替わり実施しました人権啓発事業を次のとおりご紹介いたします。

目的
市民一人ひとりの人権が尊重される社会とコロナ禍における感染者やその家族、医療従事者の方などに対する不当な差別、偏見、SNSでの誹謗中傷といった人権侵害のない社会の実現を目指し、市民と一体となって、人権意識の向上と人権啓発の推進を図るとともに新型コロナウイルス感染症の早期終息を願います。
実施期間
令和2年10月1日木曜日から令和3年1月29日金曜日まで
場所
菖蒲総合支所 他
人権啓発内容
・祈りの燈火の実施
・人権作文、少年の主張作文及び出演団体の発表
・夢 希望 埼葛10万人メッセージ(久喜市分)の展示
・届け 羽ばたけ 埼葛10万羽の折鶴(久喜市分)の展示
・人権啓発用行灯の展示
・人権標語看板の展示
・平和の絵画の展示
・人権作文、少年の主張作文及び出演団体の映像放映 他
DVD貸出方法
・人権作文、少年の主張作文及び出演団体の発表等を撮影した動画は、DVDに編集し、市民の方が視聴できるよう人権推進課並びに各総合支所総務管理課、生涯学習課へ配架し、貸し出しを行いますので、職員にお声がけください。
・貸出期間は貸出日を含め3日以内です。なお、返却日が土曜日、日曜日、祝日等閉庁日に当たる場合は、最初の開庁日の返却となります。
・貸出開始は、令和3年3月30日火曜日から行います。
主催
久喜市人権啓発菖蒲実行委員会

祈りの燈火ともしび

10月22日木曜日に菖蒲総合支所駐車場において、菖蒲地区の児童生徒、市議会議員、実行委員会役員、市長、教育長及びご来場の皆さまと一緒に、新型コロナウイルス感染症の早期終息を願い、竹とうろうに火を燈しました。

祈りの燈火の動画配信

点燈式てんとうしきの様子

人権作文、少年の主張作文発表

11月21日土曜日に菖蒲文化会館文化ホールにおいて、菖蒲地区の小中学校児童生徒代表者7人による人権作文及び少年の主張作文の発表を行いました。

出演団体発表

市内で活動する翔陽みすじ会並びに菖蒲中学校に演奏やダンスの発表をいただき、撮影いたしました。

翔陽みすじ会による三味線演奏

菖蒲中学校によるよさこいソーラン

このページに関するお問い合わせ

菖蒲総合支所 総務管理課
〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38番地
電話:0480-85-1111 Eメール:shobu-somu@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始