このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

外部委託及び指定管理に係る個人情報の取扱い

更新日:2015年3月16日

外部委託及び指定管理に係る個人情報保護基準

趣旨

 この基準は、久喜市個人情報保護条例(平成22年久喜市条例第13号)第27条第1項の規定により、各実施機関が、個人情報取扱事務の全部又は一部を実施機関以外のものに委託する場合において講じなければならない保有個人情報の保護を図るための必要な措置について、定めたものです。

対象となる外部委託等

 実施機関が保有している個人情報の取り扱いを伴う事務の全部又は一部を、実施機関以外のものに依頼するすべての契約(公の施設の指定管理も含む。)とします。

 したがいまして、一般に委託契約と称されるもののほか、印刷、筆耕、翻訳等や出納の委託等の公法上の契約や公の施設の指定管理で、実施機関が保有している個人情報の取り扱いを伴う事務を行う場合の協定も含みます。

外部委託及び指定管理に当たっての留意事項

 実施機関が保有している個人情報の取り扱いを伴う事務を、実施機関以外のものに依頼するときは、次の事項に留意します。

  1. 依頼者の選定に当たっては、個人情報の適正な管理と本市が示した個人情報保護に関する措置事項の遵守ができるかどうかを確認します。
  2. 入札に当たっては入札前に、随意契約に当たっては見積書を徴するときに、指定管理に当たっては指定管理者の選定前に、契約又は協定内容に個人情報の保護に関する特記仕様書があることを相手方に周知します。
  3. 委託事務や指定管理の内容により、個人情報の使用目的や使用範囲等を明確にするとともに、依頼者に渡す個人情報は必要最低限のものとします。
  4. 依頼者に個人情報を渡すときは、漏えいの恐れがない最善の方法を選択するとともに、個人情報の適正な管理と本市が示した個人情報保護に関する措置事項の遵守ができることを随時確認します。

参考資料

外部委託及び指定管理に係る関係者への義務と罰則

外部委託及び指定管理に係る関係者の義務

 久喜市個人情報保護条例では、久喜市の実施機関から受託した事務に従事している者又は従事していた者や、久喜市の指定管理者が保有する個人情報であってその指定管理者が管理を行う久喜市の公の施設の管理に関するものを取り扱う事務に従事している者又は従事していた者に、それらの個人情報をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならないという義務を課しています。

外部委託及び指定管理に係る関係者への罰則

  • 外部委託及び指定管理に伴い義務を課せられた者が、正当な理由がないのに、個人の秘密に属する事項が記録された個人情報ファイルを提供したときは、久喜市個人情報保護条例の規定に基づき2年以下の懲役又は100万円以下の罰金になります。
  • 外部委託及び指定管理に伴い義務を課せられた者が、自己若しくは第三者の不正な利益を図る目的で提供し、又は盗用したときは、久喜市個人情報保護条例の規定に基づき1年以下の懲役又は50万円以下の罰金になります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

総務部 公文書館
〒346-0022 久喜市下早見85番地の1
電話:0480-22-1111 Eメール:kobunsho@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始