このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

被災建築物応急危険度判定について

更新日:2020年7月17日

問い合わせ先:建築審査課企画指導係

被災建築物応急危険度判定とは

被災建築物応急危険度判定は、地震により被災した建築物について、その後の余震等による倒壊及び部材の落下等の危険性を判定することにより、二次災害を防止し、市民の安全の確保を図ることを目的としています。

被災建築物応急危険度判定士とは

被災建築物応急危険度判定士とは、被災した市町村の要請を受け、被災ボランティアとして建築物の被災状況の危険度判定を行う、各都道府県知事の認定登録を受けた者をいいます。

被災建築物応急危険度判定士になるためには

一定の専門資格や経験(建築、土木など)を有する方が、埼玉県で実施する新規登録者向け講習会を受講することで、被災建築物応急危険度判定士として登録することができます。詳しくは埼玉県のホームページをご確認ください。

被災建築物応急危険度判定士に登録されている方へ

登録更新、登録証再交付、変更届等につきましては、一般社団法人埼玉建築士会にお届けください。様式は下記埼玉県ホームページからダウンロードできます。

要綱等

関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

建設部 建築審査課
〒346-0024 久喜市北青柳1404番地7
電話:0480-22-1111 Eメール:kenchikushinsa@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始