このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定 阿弥陀種子板石塔婆

更新日:2017年12月12日

阿弥陀種子板石塔婆(あみだしゅじいたいしとうば)

種別

考古資料

指定年月日

平成元年2月20日

所在地

久喜市菖蒲町上栢間

所有者(管理者)

個人

概要

 板石塔婆とは、仏を種子(仏を象徴する梵字)や画像などで現した石製で板状の供養塔婆です。上部が三角形になっており、その下に2条の線が入ります。鎌倉・室町時代に立てられ、板碑とも呼ばれます。
 正和元年(1312)、暦応5年(1342)、明徳2年(1391)の阿弥陀種子(キリーク)を持つ板石塔婆です。3基がまとまっており、当時の信仰を窺うことができます。

阿弥陀種子板石塔婆
阿弥陀種子板石塔婆

参考文献

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始