このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

給与支払報告書について

更新日:2018年5月17日

提出義務

 1月1日現在において給与の支払いをする会社、個人事業主等で、その支払いの際に所得税を源泉徴収する義務のある場合、前年中の給与支払金額等を記載した「給与支払報告書」を、給与の支払を受けている者の1月1日現在の市区町村に、1月31日までに提出する必要があります。
 この場合、給与支払報告書は、所得税の源泉徴収票を税務署に提出する必要のない方についても提出しなければならないことにご注意ください。

給与支払報告書の種類について

 給与支払報告書には、すべての給与所得者について作成する「個人別明細書」と、その合計人数等を記載する「総括表」の2種類があります。

 退職や長期休職等により、年の中途に給与の支払いを受けなくなった方についても作成し、ご提出ください。なお、この場合、あわせて「普通徴収切替理由書兼仕切書」を提出してください。

普通徴収切替理由書兼仕切書について

普通徴収切替理由書兼仕切書について

 平成27年度(平成26年分)提出分から、埼玉県と県内全市町村による個人住民税の特別徴収(給与天引き)の徹底に伴い、普通徴収(個人納付)に該当する方がいる場合には、給与支払報告書の提出時に、「普通徴収切替理由書兼仕切書」をご提出ください。

次の理由(普Aから普F)に該当する場合は、当面、普通徴収(個人納付)とすることが出来ます。

普通徴収切替理由
符号 理由
普A

総従業員数が2人以下(下記「普B」~「普F」に該当する全ての(他市区町村分を含む)従業員数を差し引いた人数)

普B

他の事業所で特別徴収(乙欄該当者)

普C

給与が少なく税額が引けない(年間の給与支給額が93万円以下)

普D

給与の支払が不定期(例:給与の支払が毎月でない)

普E

事業専従者(個人事業主のみ対象)

普F

退職者又は退職予定者(5月末日まで)

給与支払報告書 摘要欄への符号(普Aから普F)の記入について

 上記の普Aから普Fの普通徴収に該当する方がいる場合、提出していただく給与支払報告書の摘要欄に普通徴収切替理由書の切替理由の符号(普Aから普F)を記載してください。(eLTAX(エルタックス)等の電子媒体で提出する場合を含みます。)

給与支払報告書(総括表)・普通徴収切替理由書兼仕切書ダウンロード

このページに関するお問い合わせ

財政部 市民税課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:shiminzei@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始