このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年より収入保険制度が始まります

更新日:2017年12月15日

 平成31年より農業者ごとの収入全体を対象とした総合的なセーフティーネットとして、収入保険制度が始まります。

対象者

・青色申告を1年以上行っている農業者
※簡易方式でも可。
※平成29年以前より青色申告をしている方は平成31年より加入できます。
※平成30年に初めて青色申告される方は平成32年より加入できます。

対象品目

 米、畑作物、野菜、果樹、花、たばこ、茶、しいたけ、はちみつなど、ほとんどの農産物が対象となります。
※マルキン等の対象である肉用牛、肉用子牛、肉豚及び鶏卵は対象外です。

補償対象理由

 自然災害だけでなく、価格低下やけがや病気なども補償の対象となります。

保険概要

 「掛捨ての保険方式」と「掛捨てとならない積立方式」の組み合わせで補填します。基準収入※の9割を下回った場合、下回った額の最大9割を補填します。また、補償限度や支払率は、農業者の方が自由にお選びいただけます。

※基準収入・・・原則は過去5年間の農業収入の平均(5中5)。なお、保険期間に農地拡大を行う場合や農業収入が増加傾向の場合は上方修正、保険期間の収入が下がると見込まれる場合は下方修正されることがあります。
 
 
<補填金>

保険方式補填金=(基準収入×補償限度-保険期間中の農業収入)×支払率

積立方式補填金=基準収入×積立幅×支払率 
 
<保険料及び積立金>

保険料=基準収入×補償限度×支払率×保険率(1%※今後変更の可能性あり)

積立金=基準収入×積立幅×支払率×1/4

類似制度との関係

 農業共済(固定資産の損失を補填するもの及び診療費を補填するものを除く)や、農業収入減少緩和対策(ナラシ対策)等の類似制度と重複して収入保険制度に加入することはできません。どちらか一方のみの加入となります。
 
 

 加入条件等詳しいことは埼玉県農業共済組合(NOSAI埼玉)宮代支所にお問い合わせください。(0480-32-1015)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 農業振興課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:nogyoshinko@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始