このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

スズメバチにご注意ください

更新日:2016年6月1日

スズメバチにご注意ください

 多くのハチは害虫を捕食したり、花粉を運んだり自然の中で大切な役割を果たしています。全てのハチが人を刺すわけではありません。ハチの巣を見つけても支障がなければ、そっとしておくことも大切です。
 ハチの種類の中で、危険性のあるハチはスズメバチです。特に夏から秋にかけてスズメバチの活動が活発になります。

スズメバチについて

 体長は約20ミリメートルから45ミリメートルで、体は黒褐色、腹部の各節に黄色帯があります。主に木の枝や人家の軒下などの開放空間に営巣します。
 初期の巣はとっくりを逆さにしたような形をしておりますが、夏場以降になると、球形状になります。巣は、貝殻の模様のような外皮で覆われています。

ハチに刺されないために

巣に近づかない

 巣に近づくなど、刺激をしないことが大切です。庭木の手入れをする際は、付近に巣がないか注意しましょう。

黒い色の服装を控える

 黒っぽいものを敵として攻撃する習性があります。

強い匂いをさせない

 香水やヘアスプレーなど、強い匂いのするものは控えましょう。

スズメバチが近寄ってきた場合

 大声を出したり、手で振り払うことは避けましょう。姿勢を低くしてゆっくりその場から離れましょう。

刺されてしまった場合は

 すぐに、その場から離れ、応急処置として傷口を流水で冷やしましょう。念のため、速やかに医療機関で受診しましょう。

巣の駆除について

 敷地内の庭木や住居の軒下等にスズメバチの巣がある場合は、生活環境に危険を及ぼす恐れがありますので、巣の駆除をするようお願いいたします。巣の駆除は大変危険ですので、専門の駆除業者に依頼することをお勧めします。(市では私有地内の巣の駆除は行っておりません。)
 なお、市では協定を結んでいる専門の駆除業者を紹介しており、スズメバチの巣の駆除を協定業者に依頼した場合、市では一部補助金を交付しております。詳細については、スズメバチ駆除費補助金の申請のページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 環境課
〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38番地
電話:0480-85-1111 Eメール:kankyo@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始