このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度久喜市住宅用エネルギーシステム設置費補助金

更新日:2018年4月1日

平成30年度久喜市住宅用エネルギーシステム設置費補助金について

市では、地球温暖化防止に寄与するとともに、市民の皆さんの環境保全意識を高めるために、太陽光発電等の住宅用エネルギーシステムの設置費の一部を助成します。

【ページ内リンク】

1.申請のできる方

次のいずれかに該当する方が対象となります。

  • 申請者が所有、若しくは申請者と生計を一にする方が所有し、自ら居住する市内の住宅の屋根等に補助対象機器を設置する。
  • 申請者若しくは申請者と生計を一にする方が、市内に自ら居住するための住宅を新築し、当該住宅に補助対象機器を設置する。
  • 市内に存する補助対象機器が設置された建売住宅を、自ら居住するために購入する。

2.申請条件

次の条件を全て備えた方が対象となります。

  • 過去に、同一の補助対象機器に係る補助金の交付を受けていない。
  • 申請者及び申請者と生計を一にする方が、前年度までの市税(国民健康保険税を含む)を滞納していない。
  • 補助対象機器を設置前に申請(着工前申請)できる。

※ 補助対象機器が設置された建売住宅を購入した場合は、入居前に申請できる。

  • 契約書の契約日が平成30年4月1日以降である。
  • 実績報告書の提出時に、久喜市に住民票がある。

(注意)

  • 平成31年3月15日(金曜日)午後5時までに、久喜市役所環境課に必要書類の全てを添付した実績報告書を提出いただけない場合は、補助金を交付できません。
  • 法人及び賃貸住宅は、補助対象外です。
  • 併用住宅に居住する方の場合は、当該住宅の住宅部分の床面積が総床面積の2分の1以上であるものに限ります。

3.補助対象機器

この補助金の対象機器は、次のもののうち、未使用のものです。
なお、別々の機器を複数選択し、申請することが可能です。

(1)住宅用太陽光発電システム

  • 太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換するシステム
  • 住宅の屋根等への設置に適しているもの

※ 自ら所有、若しくは生計を一にする者が所有する住宅と同一敷地内の納屋や駐車ガレージの屋根若
  しくは庭に設置するものも含む。ただし、自ら所有、若しくは生計を一にする者が所有する住宅に
  接続することが条件

  • 自ら、電力会社の低圧配電線と逆潮流のある系統連結(太陽光発電システムによる発電量のうち当該住宅における使用量を超える余剰電力が生じた場合に、これを商用電力に送電できるよう当該太陽光発電システムを商用電力と連結させていることをいう。)を締結している
  • 電力会社と電灯契約(電灯又は小型機器を使用する需要に関する契約をいう。)を締結している
  • 太陽電池容量(日本工業規格に基づいて算出された太陽電池モジュールの最大出力の合計値をいう。)が10キロワット未満のもの

(2)太陽熱利用システム

  • 太陽熱エネルギーを集熱器に集めて給湯に利用する、集熱器と貯湯槽が一体型のシステム。または、太陽熱エネルギーを集熱器に集めて給湯や空調に利用するシステムで、集熱器及び蓄熱槽が独立して設置され、動力を用いて水又は熱媒を強制循環させるシステム

(3)家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)

  • ガス等から燃料となる水素を取り出して、空気中の酸素と反応させて発電し、発電時の排熱を給湯等に利用するシステム

(4)自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)

  • 自然冷媒(CO2等)を使用する、空気熱源方式のヒートポンプ式給湯機

(5)家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステム(エコウィル)

  • ガスを燃料とするガスエンジンにおいて発電し、発電時に発生する排熱を、給湯等に利用するガス発電給湯暖房システム

(6)潜熱回収型ガス給湯器及びハイブリッド給湯器(エコジョーズ等)

  • 潜熱を回収するための熱交換器を備えている給湯器、またはこれとヒートポンプ式を組み合わせた給湯器

(7)定置型リチウムイオン蓄電池

  • 再生可能エネルギーにより発電した電力、または夜間電力などを繰り返し蓄え、停電時など必要に応じて電気を活用することができる装置

(8)家庭用エネルギー管理システム(HEMS)

  • 省エネ機器や家電などをネットワーク化し、エネルギー使用量を管理・制御できる装置

4.補助対象となる経費

補助対象機器の購入及び設置に係る経費。(消費税を除く)
補助対象機器の購入及び設置に係る経費が補助金額に満たない場合は、補助の対象外となりますのでご注意ください。

5.補助の内容

補助対象機器及び補助金の額
補助対象機器 補助金の額
太陽光発電システム 60,000円
太陽熱利用システム 40,000円
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム) 50,000円
自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート) 30,000円
家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステム(エコウィル) 40,000円
潜熱回収型ガス給湯器及びハイブリッド給湯器(エコジョーズ等) 30,000円
定置型リチウムイオン蓄電池 30,000円
家庭用エネルギー管理システム(HEMS) 20,000円

6.申請の受付期間・予算額

補助金の交付を希望する方は、下記の受付期間内で、「交付申請書」(様式第1号)に必要書類を添付の上、環境課窓口に直接、または環境課宛に郵送(12月21日午後5時必着)で申請してください。

受付期間:平成30年4月16日(月曜日)から平成30年12月21日(金曜日)

予算額:1,600万円

  • 郵送先:〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38 菖蒲総合支所 環境課
  • 必要書類を全て添付していただけない場合、受け付けできません。
  • 受付開始前(4月1日~15日の間)に補助対象機器の契約及び設置をされた場合に限り、着工後であっても申請を受け付けます。(ただし、実績報告時に添付する機器設置前及び設置後の写真を必ず撮っておいてください。無いと補助金を交付できません。)
  • 申請受付後、補助対象機器の設置工事をしていただいて構いません。
  • 久喜市役所、栗橋、鷲宮総合支所では、各書類を受理できませんのでご注意ください。

7.抽選

受付期間中に補助金の交付申請の総額が予算額を上回った場合は、受付期間終了後、申請いただいた補助対象機器を対象に抽選を行います。
したがいまして、申請いただいた全ての機器が補助対象とならない場合がありますのでご了承ください。
なお、抽選番号は補助対象機器の受付番号となります。

日時:平成31年1月10日(木曜日) 午前9時30分から午前11時30分

会場・定員:菖蒲総合支所内 第3集会室・20人(先着順)

  • 抽選の日時や会場を変更する場合は、市のホームページでお知らせします。
  • 抽選は、必ず出席いただくものではございません。抽選結果については、市ホームページに掲載するとともに、申請された方全員に結果を通知します。

8.交付・不交付決定

受付期間終了後(抽選の場合は、抽選実施後)、申請された補助対象機器ごとに補助金を交付する、または交付しないことを決定し、「交付・不交付決定通知書(様式第2号)」により通知します。

9.補助金実績報告の方法

補助対象者となった方(交付・不交付決定通知書で「補助金を交付する」となった方)は、補助対象機器の設置完了後直ちに、「実績報告書」(様式第4号)に必要書類を添付の上、環境課窓口に直接、または郵送で提出してください。

提出期限:平成31年3月15日(金曜日)午後5時(郵送の場合、必着)

  • 必要書類を全て添付していただけない場合、受け付けできません。

10.補助金額の確定

提出書類を審査し、交付すべき補助金の額が確定したら、「確定通知書(様式第5号)」により通知します。

11.補助金の請求

「確定通知書」を受領したら、確定した補助金額等を「請求書(様式第6号)」に記入し、環境課窓口に直接、または郵送で提出してください。
補助金は、申請者が指定した金融機関の口座(申請者名義)に振り込まれます。

  • 提出期限:平成31年3月29日(金曜日)午後5時(郵送の場合、必着)

12.その他の注意事項

  • 平成30年度補助事業に係る様式は、平成30年度に限り有効です。
  • 申請書、実績報告書、請求書の郵送に係る費用は、自己負担となります。
  • 申請書等の記入、押印漏れや、必要書類の添付漏れがないようにしてください。

13.交付決定後に補助対象機器の設置を変更・中止する場合

交付決定後、補助対象機器の設置内容を変更する場合や設置工事を中止する場合は、「変更等承認申請書」(様式第3号)に必要書類を添付の上、環境課窓口に直接、または郵送で提出してください。

14.定期報告書の提出

補助金の交付を受けた方は、平成31年4月から1年間(半年に1回・計2回)、補助対象機器の定期報告をお願いします。

15.手続きの流れと提出書類等について

以下の表の番号順に手続きを行います。
番号 手続き 提出する様式 添付書類等
1 交付申請(窓口・郵送のいずれか) 交付申請書(様式第1号)

(1)設置場所の案内図(地図)
(2)設置見取り図(補助対象機器の設置位置等
  がわかるもの)
(3)経費の内訳が分かる契約書の写し
  (平成30年4月1日以降の契約書)
 ※契約前に申請する場合は見積書でも可
  ただし契約書は受付期間終了日までに
  必ず提出
(4)設備・機器の規格等が判別できる
  カタログ等の写し
(5)その他市長が必要と認める書類

2

受付期間・抽選
受付期間:平成30年4月16日(月曜日)から平成30年12月21日(金曜日)
抽選日:平成31年1月10日(木曜日)

3

交付・不交付決定

なし 抽選後(抽選を行わない場合は受付期間終了後)、市から「交付・不交付決定通知書(様式第2号)が送付されます。
4

実績報告(窓口・郵送のいずれか)

実績報告書(様式第4号)

(1)領収書の写し
(2)設置状況の写真(機器設置前及び設置後
  の写真、各1枚)
(3)電力需給契約申込書の写し及び接続契約
  の締結が確認できる書類の写し(太陽光
  発電システムが補助対象となった場合
  のみ)
(4)その他市長が必要と認める書類

5 交付額確定 なし 実績報告書の審査後、市から「交付額確定通知書(様式第4号)」が」送付されます。
6

請求(窓口・郵送のいずれか)

請求書(様式第6号)

なし
7 補助金の交付    
8

定期報告(窓口・郵送・FAX・Eメールのいずれか)

各補助対象機器の「定期報告書」 平成31年4月から翌年3月までの1年間、毎月、データを記録し、半年に1度、計2回、環境課へ提出してください。

16.手引き・様式・要綱

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 環境課
〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38番地
電話:0480-85-1111 Eメール:kankyo@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始