このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

浄化槽の維持管理

更新日:2015年1月15日

 浄化槽を使用されている方には、浄化槽法により次の3つのことが義務づけれらています。

1 清掃

 清掃業者による定期的な汚泥の引き抜き等です。(1年に1回以上)

2 保守点検

 保守点検業者による機能点検・補修・消毒薬の補充等です。(処理方式等で異なりますが、住宅用の場合は概ね3~4ヶ月に1回以上)

3 法定検査

 浄化槽は、清掃や保守点検等といった維持管理が十分に行われていないと、その機能が損なわれ、悪臭や水質悪化等の原因になります。この機能診断となるものが、「法定検査」です。

 「法定検査」はよく「保守点検」と混同されています。「保守点検」では、委託業者が定期的に浄化槽の調子を見に入りますことから、それが「法定検査」であり、既に受検済である、と誤解されている場合が多くありますが、「保守点検」とは別に浄化槽法で定める水質検査を受検しなければなりません。

 「法定検査」には、新規設置後の第7条検査と設置後、毎年1回の定期検査、第11条検査があり、公益法人である県の指定検査機関(2団体)が実施しています。

 久喜市の担当検査機関は、「社団法人 埼玉県浄化槽協会」(電話:048-533-4700)になっております。未受検の方は、検査を依頼するようにしてください。

 (検査手数料は、10人槽以下の浄化槽の場合、5,000円です。)

※清掃業者、保守点検、定期検査につきましては、お問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

上下水道部 下水道業務課
〒340-0295 久喜市鷲宮6丁目1番1号
電話:0480-58-1111 Eメール:gesui-gyomu@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始