このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

久喜市液状化対策事業について

再生南栗橋~災害に強いまちを目指して~

 このたびの東日本大震災において、南栗橋地区では液状化が発生し、住宅の傾きや沈下など多大な被害を受け、道路、上下水道などライフラインにも甚大な被害を受けました。

 このようなことから、市では、東日本大震災復興交付金を活用した液状化対策事業に取り組んでいます。

 これまでに、土木や建築などの専門家で構成する「久喜市液状化対策検討委員会」を設置し、南栗橋地区に有効な液状化対策を検討してまいりました。

 その結果、当該地区には、「地下水位低下工法」が有効であることがわかりました。

 市では、南栗橋地区において、公共(道路)と宅地で一体的に行うことができる液状化対策として「地下水位低下工法」を採用し、久喜市液状化対策事業の実施について検討しています。

「地下水位低下工法」とは

 液状化発生の原因の一つである「地下水位」を下げることで、液状化しにくい層を増やす工法です。

 このことにより、液状化しにくい土地にすることができます。

 工事の方法は、道路内に地面から約3mの深さに穴のあいたパイプを埋設して、そこへ地下水を集めて水路等へ排水します。

画像:地下水位工法

久喜市液状化対策工事完成記念式典を開催しました

 南栗橋地区において実施していた久喜市液状化対策工事が完成し、平成29年11月25日(土曜日)に記念式典を開催しました。

 式典では、来賓のご挨拶のほか、久喜市液状化対策事業の経過報告、各工事会社に対する感謝状の贈呈を行いました。
 また、式典の最後には田中市長が排水ポンプのスイッチを入れ、参加者の方々に排水の様子を実際にご覧いただきました。

 今後もポンプの稼働を継続し、観測した地下水位の記録を適宜掲載します。

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始