このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

B型肝炎予防接種について

更新日:2017年2月16日

平成28年10月1日より、B型肝炎ワクチンが定期予防接種になりました。

接種の目的・効果

B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。免疫が不十分な状態で感染し、ウイルスが排除されず感染が長期間持続することで、キャリアの方のうち10~15%は年月を経て慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなどを引き起こすことがあります。
B型肝炎は、ワクチンで予防できます。感染力が強く、だれもが感染する可能性があるため、すべてのお子さんに接種がすすめられています。接種部位の腫脹、発赤、疼痛、倦怠感、頭痛などの副反応が出現することがあります。

接種対象者

平成28年4月1日以降に生まれた児で、1歳になる日まで(誕生日の前日まで)

任意接種として既にB型肝炎ウイルスワクチンを受けたことがある場合、既に接種した回数分の接種を受けたものとみなし、残りの回数分を定期接種として接種することとなります。

接種方法

1回目の接種から27日以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を皮下に接種。

接種スケジュールの注意

1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。1歳になってしまうと、定期接種の対象外となります。スケジュールをよくご確認いただき、予防接種を受けるようにしてください。
特に平成28年4月、5月生まれの方であって、平成28年10月の定期接種開始以降、初めてB型肝炎予防接種を受ける方は、10月時点ですでに生後5~6か月が経過しているので、接種日程の管理が重要となります。
接種期限を過ぎてしまった場合には、(入院治療等を有する長期療養等の特定の疾病の方を除き)自費での接種となりますので、ご注意ください。

接種時に必要なもの

母子健康手帳、健康保険証等(住所、氏名、生年月日が確認できるもの)
※予診票は、乳児家庭全戸訪問の際にお渡しいたします。

接種費用

無料

その他

予防接種を受ける場合は、体質や既往歴、当日の体調等を考慮し決めてください。

問い合わせ

中央保健センター
電話0480-21-5354
FAX0480-21-5392
chuo-hokencenter@city.kuki.lg.jp


菖蒲保健センター
電話0480-85-7021
FAX0480-85-7886
shobu-hokencenter@city.kuki.lg.jp


栗橋保健センター
電話0480-52-5577
FAX0480-52-0123
kurihashi-hokencenter@city.kuki.lg.jp


鷲宮保健センター
電話0480-58-8521
FAX0480-59-2441
washinomiya-hokencenter@city.kuki.lg.jp

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 中央保健センター
〒346-0005 久喜市本町5丁目10番47号
電話:0480-21-5354 Eメール:chuo-hokencenter@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始