このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

感染性胃腸炎の流行警報が発令されました。

更新日:2016年12月8日

感染性胃腸炎とは

ウイルス又は細菌を原因とした胃腸炎を一括したもので、「お腹にくる風邪」もこの病気に含まれます。
特にウイルスの代表的なものとしてはノロウイルスやロタウイルスがあります。冬場にピークを迎えるノロウイルスによる感染性胃腸炎は、少量のウイルスでも感染力が強いため、保育園や学校、病院等で発生すると急速にに広がる恐れがあります。主な症状は、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱などで、健康な成人は数日で回復しますが、子どもや高齢者などが感染すると重症化する恐れがあります。ノロウイルスについてはワクチンがなく、治療は対症療法に限られるため、予防対策を徹底することが重要です。

ノロウイルスの感染経路

感染経路は、糞便や嘔吐物からの経口感染が主要ルートです。ノロウイルスでは汚染された食物や貝を介した感染、患者からの飛沫感染もあります。

ノロウイルスの感染予防のポイント

・外出先から帰った後、食事前、トイレの後などは石けんで手指をしっかり洗い、流水で洗い流しましょう。手洗いは2度洗いが効果的です。
・調理器具、布巾などは熱湯消毒や塩素系の薬剤で消毒しましょう。
・下痢や嘔吐等の症状がある場合は、食品を直接取り扱う作業は控えましょう。
・症状が良くなっても、便には1週間程度ウイルスが排出されますので注意しましょう。
・患者の嘔吐物などを片付けるときは、マスクや使い捨て手袋を着用し、汚れた場所は塩素系の薬剤で消毒しましょう。
・子どもや高齢者など抵抗力の弱い方は、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べてください。

関連ホームページ等

このページに関するお問い合わせ

健康・子ども未来部 健康医療課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:kenkoiryo@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始