このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

あなたと大切な人を守るため新型コロナウイルスワクチン接種をご検討ください。

更新日:2022年7月13日

新型コロナウイルスワクチン接種がお済みでない方へ

3回目接種を行うことで、時間の経過とともに低下したワクチンの効果が回復します。
ワクチンの種類に関わらず、早めの追加接種をお勧めしています。
◎埼玉県からの提供
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナ治療に当たっている医師からのコメント(PDF:155KB)
◎厚生労働省からのお知らせ
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。3回目接種がまだお済みでない皆さまへ(PDF:557KB)

ワクチンの効果と安全性

発症予防効果と重症化予防効果
有効性 ファイザー社 モデルナ社 備考

発症予防効果

対デルタ株 83% 87%

※3回とも
同一ワクチンを接種

対オミクロン株 65% 69%
重症化予防効果 デルタ株流行期 94%

※3回全て
mRNAワクチンを接種

オミクロン株流行期 90%

出典:第30回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 資料より

○異なるワクチン接種の効果と安全性

1・2回目に使ったワクチンに関わらず、3回目接種は、いずれのワクチンでも十分な効果と安全性が確認されています。

○コロナ後遺症の軽減の可能性

コロナは軽症でも、回復後の後遺症(味覚の喪失、疲労感等)に悩む方からの相談が増えています。
ワクチン接種で症状が改善する可能性が示唆されています。(英国保健安全保障庁の研究より)

ワクチンの副反応等について

よく起こる症状(接種後、数日以内に現れる可能性がある症状)
発現割合 症状
ファイザー社 モデルナ社
50%以上 疼痛、疲労 疼痛、疲労、頭痛
10-50%

頭痛、筋肉痛
悪寒、関節痛

筋肉痛、関節痛
悪寒、リンパ節症

1-10%

38度以上の発熱
腫脹、発赤、リンパ節症

38度以上の発熱
腫脹・硬結、紅斑・発赤


・副反応はいずれのワクチンでも1・2回目と同様の症状が見られますが、多くは数日以内に回復しています。

○副反応等の症状が現れたら

・発熱は接種後1~2日以内に起こることが多く、必要に応じ解熱剤を服用してください。
・重い症状や、いつもと違う体調の変化があったときは接種を受けた医療機関やかかりつけ医、県の専門相談窓口にご相談ください。

埼玉県新型コロナワクチン専用相談窓口(電話0570-033-226)

※24時間、土日祝日も看護師等が相談に応じます。


PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

健康・子ども未来部 新型コロナウイルスワクチン対策課
【ワクチン接種に関する一般的なお問合せ】
久喜市コロナワクチンコールセンター
電話:0480-22-5670
(お電話の際は番号をお確かめの上、おかけください)
【このページに関する担当課】
新型コロナウイルスワクチン対策課
〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38番地
 Eメール:vaccine@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルスワクチンについて

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始