このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

更新日:2021年8月2日

問い合わせ先:健康医療課 健康企画係

令和3年8月2日 市長メッセージ

 緊急事態宣言の対象地域に、埼玉県を含む首都圏3県と大阪府が加えられました。期間は、8月2日から8月31日までです。
 デルタ株といわれる高い感染力をもつ変異ウイルスの影響により、これまでにない早さで新規陽性者が急増しています。医療体制逼迫の懸念が日増しに強まる中、感染拡大防止に向けた実効性ある対応が求められています。
 埼玉県の大野知事は、これまでにない深刻な状況であるとして、警戒レベルを最大限引き上げることとし、県民の皆様に対し、不要不急の帰省や旅行を控えること、県境をまたぐ移動、不要不急の外出や移動を控えること、特に午後8時以降の外出を自粛することなどを求めています。
 また、事業者の皆様に対しては、出勤者数の7割減を目指すこと、午後8時以降の勤務抑制や看板・ネオンサイン等を消灯すること、酒類提供またはカラオケ施設を使用する飲食店への休業を要請し、飲酒機会を提供しない飲食店には、営業時間を午後8時までに短縮することを要請しています。
 本市においても、7月31日に第29回久喜市新型コロナウイルス対策本部を開催し、緊急事態宣言の発令に伴う本市の対応について決定いたしました。
 感染拡大を食い止めるには、今が正念場であります。市民の皆様にはご心配やご不便をおかけいたしますが、公共施設における利用時間については、最長で午後8時までとさせていただきます。利用に当たりましては、引き続きマスクの着用、手指消毒、こまめな換気、対人距離の確保など、感染防止策の徹底にご理解とご協力をお願いします。
 また、外出や移動の際は、目的の場所以外に立ち寄ることなく直行・直帰すること、会食は、同居家族以外ではいつも近くにいる4人までとし、ホームパーティーなどは控えていただくこと、買い物は、空いている時間帯にできるだけ一人で行くことなど、感染リスクの高まる行動はできるだけ避けていただくようお願いします。
 夏本番を迎え、脱水などの熱中症のリスクも高まっています。体調管理にお努めいただきますようお願い申し上げます。

令和3年8月2日   久喜市長 梅田 修一

令和3年4月20日 市長メッセージ

 市民の皆様、事業者の皆様、そして医療・福祉現場等の最前線で奮闘されているすべての皆様に対しまして、新型コロナウイルスの感染防止対策に日々ご尽力されておりますことに、心より感謝申し上げます。
 新型コロナウイルス感染者の再拡大が懸念される中、政府は、令和3年4月16日に埼玉県をまん延防止等重点措置区域とすることを決定し、埼玉県においては、重点措置区域だけでなく本市を含む県内全域に対し、令和3年4月20日から5月19日までの間、感染防止対策に重点的に取り組むよう要請しました。
 これを受け本市では、感染防止策の徹底を基本として適切に対応していくため、第23回久喜市新型コロナウイルス対策本部(4月19日書面開催)により、まん延防止等重点措置等に伴う本市の対応について決定いたしました。
 市民の皆様にはご不便やご苦労をおかけしますが、引き続き、手指消毒やマスク着用の徹底、こまめな換気や対人距離の確保などのほか、県境をまたぐ移動や日中も含めた不要不急の外出の自粛、飲食を伴う店舗でのカラオケの自粛、大人数での会食は避け会食する場合は4人以内とすること、買い物はできるだけ1人で行くことなど、大切なご家族やご友人の命を守るためにも感染防止対策の徹底にご理解とご協力をお願いします。
 また、感染防止対策の要となる新型コロナウイルスワクチン接種につきましては、久喜市医師会、久喜市薬剤師会等の関係団体のご協力を賜り、5月16日から高齢者の皆様に対する集団接種を開始します。ワクチンは、接種を希望される方全員に供給されますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いします。誰もが安心して接種できるよう、関係機関が連携し一体となって取り組んでまいります。

令和3年4月20日   久喜市長 梅田 修一

令和3年3月19日 市長メッセージ

 令和3年1月7日に発令され、2か月半の長期に渡った緊急事態宣言も3月21日をもって解除となります。
 この間、市民や事業者の皆様には、ご負担やご不便をおかけしましたが、感染拡大防止の取り組みにご理解、ご協力いただき感謝を申し上げます。
 政府の緊急事態宣言解除の決定を受け、本日、第21回久喜市新型コロナウイルス対策本部会議を開催し、当面は午後9時までとなりますが、休館していた公共施設を3月22日から再開することなど、市民サービスへの影響に配慮をしながら、段階的に緩和していくこととしました。
 一方で、市内における感染症の発生動向は、ここ2週間ほど、新規陽性者数に増加の傾向が見られるところであります。
 首都圏における新規陽性者数の動向は下げ止まりの状況とも言われ、感染の再拡大(リバウンド)も懸念される中、緊急事態宣言解除後も警戒を怠ることなく、より一層の対策を講じていく必要があるものと考えています。
 市民の皆様には、度重なるお願いとなり心苦しいところでございますが、これからの季節、人の動きが活発になることから、感染リスクの高い状況を避けていただくとともに、手洗い・アルコール消毒、3密の回避の徹底など、基本的な感染防止策を徹底いただきますようお願いいたします。

令和3年3月19日   久喜市長 梅田 修一

令和3年3月5日 市長メッセージ

 緊急事態宣言発令後、市民や事業者の皆様には、不要不急の外出自粛や飲食店の営業時間短縮など、感染拡大防止に向けた多大なるご協力をいただき、ありがとうございます。
 また、感染リスクを抱えながら医療、福祉、介護などの最前線で、長期にわたり新型コロナウイルス感染症への対応にご尽力いただいている皆様に対し、改めて敬意を表するとともに深く感謝を申し上げます。
 感染予防に努める皆様のご協力により、本市の新規陽性者数は減少傾向にありますが、首都圏では新規陽性者数の減少の鈍化、変異株の広がりなど、新たな懸念もあり依然として予断を許さない状況となっております。
 そのような中、新型コロナウイルス感染症の現下の情勢を踏まえ、緊急事態宣言が3月21日まで再延長となりました。
 これを受け、埼玉県は県民に対して、飲食店等の午後8時以降の利用回避、買い物はできる限り一人で行くことなどの要請のほか、卒業旅行、謝恩会、飲食を伴う花見、歓送迎会などは控えることなどの働きかけを行うとしております。
 本市では対策の要となるワクチン接種の対応として、令和3年3月4日に「 久喜市コロナワクチンコールセンター(0480-22-5670)」を開設し、市民の皆様からのワクチン接種に関する一般的な相談をお受けする体制を整備したところであります。
 接種の方法や時期、場所などについては、国のワクチン確保の動向を的確に把握しながら、詳細が定まり次第、広報紙などを通じて速やかにお知らせしてまいります。
 感染を封じ込め収束させるためには、皆様のご協力が不可欠です。
 緊急事態宣言の再延長に伴い、市民の皆様には、引き続きご不便やご負担をおかけいたしますが、「うつらない・うつさない」という意識が、感染拡大防止に繋がりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年3月5日   久喜市長 梅田 修一

令和3年1月8日 市長メッセージ

 政府対策本部は、1月7日、埼玉県を含む1都3県に対して、緊急事態宣言を発令しました。菅首相は、あらゆる方策を講じ感染拡大を防止し、感染を減少傾向に転じさせるとの強い決意を示しております。
 また、緊急事態宣言発令に伴い、埼玉県は、1月8日から2月7日までを緊急事態措置の実施期間として、外出自粛や施設の使用停止等を要請しております。
 そのような中、本日、第18回久喜市新型コロナウイルス対策本部会議を開催し、以下の内容について市民の皆様にご協力をお願いすることといたしました。

 ・不要不急の外出、特に午後8時以降の外出は控えていただくようお願いいたします。
 ・県境をまたぐ移動は控えていただくようお願いいたします。
 ・市内公共施設の休館期間を2月7日(日曜)までとします。
 ・飲食の際も会話をする時はマスクを着用するなど、感染防止策の徹底をお願いいたします。

 本市におきましても、12月の新規陽性者数が167人とこれまでで最多となり、1月7日には累積の陽性者数が300人を超えるなど厳しい状況にあります。
 このような状況下で、感染リスクを抱えながら医療、福祉、介護などの現場で日々奮闘されている皆様に改めて心から感謝を申し上げます。
 私は、市民の皆様の生命と健康を守るため、今後予定されているワクチン接種の体制を構築するなど、引き続き感染拡大防止に全力を尽くしてまいります。
 皆様には、ご不便や我慢をお願いすることとなりますが、ご家族や友人など、大切な方の命を守るため、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年1月8日   久喜市長 梅田 修一

令和2年12月2日 市長メッセージ

 市民の皆様、事業者の皆様には、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力いただき、心から感謝を申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症の新規陽性者数は、全国的に急増を続け、本市においても、先月、最多の陽性者が確認されるなど、まさに今、感染拡大を抑えられるかの大事な時期にきています。 
 これから年末年始に向けて、人の移動が増え、感染リスクが高まることが見込まれます。
 感染リスクが高まる「5つの場面」である(1)飲食を伴う懇親会等、(2)大人数や長時間に及ぶ飲食、(3)マスクなしでの会話、(4)狭い空間での共同生活、(5)職場における休憩時や移動する際の車中など、居場所の切り替わりにご注意いただき、感染予防と拡大防止に努めていただきたいと思います。
 大晦日や三が日は、ご自宅でゆっくり過ごされ、混雑する日を避けた初詣や帰省などについても、お考えいただければと思います。
 また、本格的な冬を迎えるにあたり、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行も懸念されます。
 発熱などの症状がある場合は、医療機関に必ず電話連絡をしていただいた上で、受診してください。
 新型コロナウイルス感染症は、いつ、どこで、だれが感染してもおかしくない状況です。
 感染者やその家族、医療従事者の方などに対する不当な偏見や差別はあってはなりません。市民の皆様には、県や市が発信する正確な情報に基づいた、冷静な対応と相手に寄り添い、思いやる心をもっていただきますようお願いします。

令和2年12月2日   久喜市長 梅田 修一

令和2年7月14日 市長メッセージ

 市民の皆様、事業者の皆様には、新型コロナウイルス感染症の感染防止と社会経済活動の両立に向け、日々ご尽力をいただき心より感謝を申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、東京都において200名を超える日が続いており、埼玉県においても7月8日には緊急事態宣言が解除されて以降、最多となる48名となるなど感染者数が増加しております。
 そのような中、本市では、7月に入り9名の方の新規感染が確認されております。新型コロナウイルス感染症に罹患された方々に対し、心よりお見舞い申し上げますとともに、市民の皆様には、患者・ご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願い申し上げます。
 さて、埼玉県では、今般の状況を踏まえ、7月11日に以下のような協力要請を行っております。
 ・発熱の症状があるなど体調の悪い方の外出自粛(医療機関への受診は差支えありません。)
 ・夜の繁華街に限らず、感染症対策が十分に取られていない施設の利用回避
 ・国と県の接触確認アプリの活用(国:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。COCOA(外部サイト)、県:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県LINEコロナお知らせシステム(外部サイト)
 ・密閉、密集、密接の「3つの密」の回避
 ・大人数での会食の自粛
 ・高齢者や基礎疾患がある方の都内への不要不急の外出自粛

 改めて市民の皆様には、「手洗い、消毒の励行」「人が集まる場所でのマスクの着用」など、感染拡大を予防するための「新しい生活様式」の実践をお願いします。

 また、これから暑い日が続きます。熱中症にもご注意いただき、くれぐれも健康にご留意ください。
 市では、引き続き、感染症対策、生活支援、経済対策等に全力を挙げてまいりますので、皆様におかれましても、家族、友人、同僚など大切な人を守るため、感染防止策の徹底にご協力をいただきますようお願い申し上げます。

令和2年7月14日   久喜市長 梅田 修一

令和2年5月25日 市長メッセージ

 5月25日、政府は「緊急事態宣言」の全面解除を表明しました。
 市民や事業者の皆様には、長期間にわたり新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出の自粛や施設の休業など、多大なるご協力をいただき、感謝を申し上げます。
 また、現在も懸命にご尽力をいただいている医療関係者の皆様をはじめ、社会機能を維持するため、福祉、インフラ運営などの各分野において、事業を継続いただきました皆様には重ねて感謝を申し上げます。
 本日、「第12回久喜市新型コロナウイルス対策本部会議」を開催し、緊急事態宣言後における本市の事業及び施設の取り扱いに関する指針を決定いたしました。
 今後、行政サービスの段階的な再開に向け、各種事業や施設における感染リスクの評価を行い、感染予防対策を徹底するなど、細心の注意を払いながら、休館していた施設やイベント等について、徐々に再開していく予定です。
 緊急事態宣言が解除され、少しずつ普段の日常を取り戻す段階となってまいりましたが、ワクチンが完成しておらず、治療法が確立していない現状では、再び感染が広がる第2波の発生も懸念されます。
 感染拡大防止と社会経済活動を維持する中で、再び私たちの生活や社会が深刻なダメージを受けないためにも、皆様には、手洗いの徹底、マスクの着用、人との距離の確保、「密閉」「密集」「密接」の回避など、「新しい生活様式」を一人ひとりの生活に定着させ、「うつさない」「うつらない」行動に取り組んでいただきますよう、引き続きご協力をお願いします。

令和2年5月25日   久喜市長 梅田 修一

令和2年4月28日 市長メッセージ

メッセージ全文

 はじめに、新型コロナウイルス感染症の検査や治療など、最前線でご尽力いただいております医療従事者の皆様、また、介護、保育など市民の皆様の生活の維持に係わっていただいている皆様には、厳しい状況においても、なお業務を継続していただいておりますことに心から敬意と感謝を申し上げます。
 また、4月7日に緊急事態宣言が出されてから3週間が経過し、市民の皆様や事業者の皆様には、外出自粛や「3つの密」を避ける取り組みなど、感染拡大防止のために様々なご協力をいただいていることに重ねて御礼申し上げます。
 埼玉県においては、連日感染者が増え続けており、感染拡大の収束は見通せない状況です。これに伴い、検査や入院など、医療機関の受け入れ態勢も厳しさを増している状況にあります。
 このような状況の中、本日、第11回久喜市新型コロナウイルス対策本部を開催し、これまでの公共施設の休館の取り組みなどを令和2年5月31日(日曜)まで延長する方針を決定いたしました。
 市民の皆様には、大変ご不便をおかけしますが、感染を封じ込め収束させるまで、なお一層のご理解ご協力を賜りますようお願いいたします。
 また、4月25日から5月6日までは、埼玉県を含む1都3県で実施する共同キャンペーン「命を守るSTAY HOME週間」です。この時期、人との接触を減らすことが、ご自身や大切な人の命や健康を、さらには私たちの大切な社会を守ることにつながります。私自身も「3つの密」を避けるとともに、家族と一緒に家で過ごす有意義なゴールデンウイークにしたいと考えております。
 感染を封じ込め収束させるには、皆様一人ひとりのご協力が欠かせません。
 一致団結して、この難局を乗り越えていきましょう。

令和2年4月28日   久喜市長 梅田 修一

令和2年4月10日 市長メッセージ

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いている中、本日、久喜市におきまして、初の感染事例が発生しました。
 現在、埼玉県において、感染された方の行動歴や濃厚接触者などの詳しい調査が進められております。
 市では、国や県と連携を図りながら、感染拡大防止に向けた対策を講じてまいりますので、市民の皆様には落ち着いた行動を心掛けてくださいますようお願いいたします。
 市民の皆様には、引き続き、こまめな手洗いや消毒、咳エチケット等の感染予防を徹底しましょう。また、不要不急の外出を控え、「密閉空間」「密集場所」「密接場面」を避けていただきますようお願いします。

令和2年4月10日   久喜市長 梅田 修一

令和2年4月8日 市長メッセージ

 4月7日、政府対策本部から埼玉県全域を含む1都1府5県の地域に対して、特別措置法に基づく緊急事態宣言が出されました。感染拡大に歯止めがかからない中、安倍首相から、国民の行動を変え、人と人との接触の機会を7割から8割減らす必要があると強いメッセージが出されております。これを受けた埼玉県の緊急事態措置を踏まえ、本日、第9回久喜市新型コロナウイルス対策本部会議を開催し、以下の内容について、市民の皆様にご協力をお願いすることと決定いたしました。

・医療機関への通院や食料の買い出し、職場への通勤など生活に必要な場合を除き、不要不急の外出の自粛をお願いいたします。
・市内公共施設の休館及び市が主催する事業やイベントの中止を継続します。
・市立幼稚園・小学校・中学校を休業します。ただし、事情により保護者から相談のあった児童生徒の受け入れは実施いたします。なお、幼稚園児の受け入れも同様といたします。
・保育園及び放課後児童クラブについては、引き続き開園いたしますが、家庭での保育が可能な場合は、利用の自粛をお願いいたします。
・高齢者及び障がい者の施設等につきましては、感染拡大防止徹底のお願いをいたします。

 市民の皆様には5月6日(水曜)までの期間、大変ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力を賜りますようお願いいたします。

 私は、市民の皆様の生命と健康を守るため、今後も感染拡大防止に全力で努めてまいります。皆様には、引き続き、こまめな手洗いや、咳エチケットの徹底、「密閉」「密集」「密接」の3つの「密」をできるだけ避けていただくようお願いいたします。
 市民の皆様、一致団結して、この難局を乗り越えていきましょう。

令和2年4月8日   久喜市長 梅田 修一

令和2年3月27日 市長メッセージ

 昨日、埼玉県知事から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、埼玉県においても東京都と同調して、県民に対し、今週末(28日・29日)の不要不急の外出を自粛するようお願いが出されました。

 首都圏では、感染者が急増しており、埼玉県内でも3月5日以降、感染事例が次々と報告されており、都内へ通勤通学している市民の方も多いことから、本市においても予断を許さない状況であると感じています。

 このような状況から、私は、久喜市内はもちろんのこと、埼玉県内の感染拡大を抑止するため、市民の皆様にはこの週末の不要不急の外出の自粛を改めてお願いするものです。
 また、併せて、3月28日から4月15日までの間、市内公共施設を休館することといたしました。
 市民の皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力を賜りますようお願いいたします。

 市では、市民の皆様の健康と安全を確保するため、感染防止に全力で努めてまいります。皆様には、引き続き、こまめな手洗いや、咳エチケットなど、基本的な感染予防を徹底してくださるようお願いいたします。

令和2年3月27日   久喜市長 梅田 修一

令和2年2月21日 市長メッセージ

 新型コロナウイルスの感染症が国内で拡大しています。

 本市では、「久喜市新型コロナウイルス対策本部」を設置し、新型コロナウイルスの感染防止に向けて全力で取り組んでいます。
 感染の広がりを防ぐためには、市民の皆様の正しい理解と行動が不可欠です。
 今は、皆さんが感染しないことが最も効果的な拡大防止策です。まずは、国や県、本市が発信する正確な情報に基づき、落ち着いて行動いただくようお願いします。
 こまめな手洗いや消毒、咳エチケットなどの基本的な感染予防を徹底しましょう。
 不要不急な外出を避け、特にご高齢の方や持病をお持ちの方は、人混みをできるだけ避けていただくようお願いします。
 「うつらない」「うつさない」ことで大切なご家族や友人を守ることができます。是非ともご協力をお願いいたします。
 今後につきましては、私を先頭に、市役所もワンチームとなり、市民の皆様の安全を確保するため、国、県と連携を密にして、感染の防止に全力で努めてまいります。

令和2年2月21日   久喜市長 梅田 修一

このページに関するお問い合わせ

健康・子ども未来部 健康医療課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:kenkoiryo@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症対策

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始