このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

乳がんの自己検診の方法

更新日:2018年6月7日

乳がんは自分で発見できる数少ないがんの一つであり、自己検診が大切です。月に一度は自己検診をおこなってください。

いつやればいいですか?

毎月、生理が終わって4日から5日後くらいに、また閉経後は日を決めておこなってください。定期的にセルフチェックをしているうちに自分の乳房の普通の状態がわかり、異常を早く見つけられるようになります。

自己検診の方法

(1)鏡の前でチェック

まずは両脇を下げたまま、左右の乳房や乳首の形をよく見てください。
次に頭の後ろで手を組み、胸の筋肉を緊張させて変化を見てください。
・乳房のどこかにくぼみやひきつれたところはありませんか?
・乳首がへこんだり、湿疹のようなただれはできていませんか?

(2)指で触れてチェック

4本の指を揃えて、指の腹と肋骨で乳房をはさむように触れ、「の」の字を書くように指を動かします。
しこりや硬いこぶがないか、乳房の一部が硬くないか、脇の下から乳房までチェックします。

乳房や乳首をしぼるようにして、乳首から分泌物がでないかを調べます。

(3)仰向けになってチェック

調べる側の腕を上げて頭の後ろに置き、乳房の下に枕などをあて、乳房を片方ずつまんべなく触れてみます。

こんな症状のときは要注意

次のような症状を見つけたら、定期検診を待たずに専門医の診察を受けましょう。

乳房のしこり、乳房のくぼみ、乳頭からの血のような分泌物、乳房の皮膚の赤い腫れ
わきの下のリンパ節の腫れ、腕のむくみ・しびれ

<図引用>認定NPO法人J.POSH日本乳がんピンクリボン運動

このページに関するお問い合わせ

健康・子ども未来部 中央保健センター
〒346-0005 久喜市本町5丁目10番47号
電話:0480-21-5354 Eメール:chuo-hokencenter@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始