このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者に家で元気に過ごすために気をつけてほしいこと

更新日:2020年5月13日

新型コロナウイルス感染症の影響が長引く中、感染を防ぐために家にいる時間が長くなり、人と話す機会が減ったり、運動不足になったりしていませんか?
特に高齢者は「動かないこと」(生活が不活発な)状態が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなる」ことが懸念されます。
「生活不活発」によるフレイル(虚弱)が進むと、心身や脳の機能が低下していきます。
フレイル(虚弱)を防ぐためには(1)運動(2)食生活・口腔ケア(3)人との交流が大切です。

フレイル(虚弱)を予防するために

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省のホームページ(外部サイト)には、新型コロナウイルスの感染予防法に加えて、以下の3点について詳しい情報が掲載されています。
これらの情報を参考にしながら健康に留意して元気に過ごしましょう。

運動について

健康を維持するためには意図的に運動・スポーツに取り組むことが大切です。厚生労働省のホームページには、全国各地の体操動画やリーフレットが紹介されています。自宅で出来る体操も掲載されていますので、ご活用ください。

食生活・口腔ケアについて

免疫力を低下させないためには、しっかり栄養をとることや、お口の健康を保つことが大切です。厚生労働省のホームページにはフレイル予防のための食事のとり方等のパンフレットが掲載されています。健康維持のためにご活用ください。

人との交流について

心身の健康を保つためには、人との交流や社会参加、助け合いが大切です。家族や友人と電話や手紙、メール、SNSを活用して交流しましょう。また、買い物や移動など困ったときに助けを呼べる相手を考えておきましょう。

厚生労働省ホームページ

新型コロナウイルス感染予防と熱中症対策

これからの季節には熱中症対策も重要です。新型コロナウイルス感染予防のためにマスクを着用することで、水分摂取の機会が少なくならないように気を付けてください。暑い日は特に、以下の点に気を付けて生活をしましょう。
・こまめに水分補給をする
・エアコン、扇風機を上手に使用する
・シャワーやタオルで体を冷やす
・部屋の温湿度を確認する
・暑い時は無理をしない
・涼しい服装をする、外出時には日傘をさす、帽子をかぶる
・部屋の風通しを良くする
・緊急時や困った時の連絡先を確認しておく

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢者福祉課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:koreifukushi@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始