このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

くき市民特派員活動だより:平成29年2月12日 農業の神、稲荷大明神を祭る(黒田特派員)

更新日:2017年3月28日

下早見の久々宇稲荷講開催(下早見本田区民会館)

 2月12日(日曜日)は初の午(うま)の日。京都の伏見稲荷大社の神〔倉稲魂神うかのみたまのかみ〕が降りた日がこの日であったといい、全国で稲荷神社を祭る風習があります。久喜市内各地域でも、稲荷講が開かれています。
 今回は、下早見本田ほんでん地区にあります、久々宇くくう稲荷講を紹介いたします。
 本田地区内にある稲荷社に稲荷大明神ののぼりを立て、お供え物をあげて御祈祷を済ませ、一番の楽しみの直会なおらいの席に入ります。代表の久々宇さんのお話ですと、「昔、この辺りは、桑の木や梨の木が多く、また用水路の改良により、水には恵まれて稲作も盛んであったことから、稲荷社が多くたてられたのでは」とのことでした。

このページに関するお問い合わせ

総務部 庶務課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:shomu@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成28年度市民特派員活動だより

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始