このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定 清福寺の大イチョウ

更新日:2018年7月25日

清福寺の大イチョウ(せいふくじのおおいちょう)

種別

天然記念物

指定年月日

昭和48年3月16日

所在地

久喜市下清久360

所有者(管理者)

清福寺

概要

 いちょうは、イチョウ科に属する落葉喬木、地質時代の二畳紀から中世代の中頃まで、この類が世界的に分布していましたが、現在は本種を残すのみとなり、原産地は中国です。生長が極めて早く、強健で病虫害はほとんどありません。大木になると西北に枝が傾いて特有の樹形となるのは、春の成長期に吹く南東の風のためであるといわれています。葉は独特の扇形で二またに分かれた葉脈があります。葉は長枝には互生し短枝には密に群生します。
 高さ28.1メートル・根回り11.9メートル・目通り(地上から1.5メートルの高さ)6.6メートル、樹齢約500年と伝えます。

写真 清福寺の大イチョウ
清福寺の大イチョウ

参考文献

案内図

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始