このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

国認定 九曜菊散双雀鏡

更新日:2019年10月31日

問い合わせ先:文化財保護課文化財・歴史資料係

九曜菊散双雀鏡(くようぎくちらしそうじゃくきょう)

種別

工芸品

指定年月日

昭和24年4月13日

所在地

久喜市本町7丁目2番18号

所有者(管理者)

甘棠院(埼玉県立歴史と民俗の博物館)

概要

 直径22.5センチメートル、室町時代作の銅製の和鏡です。裏面に大菊を中心に8つの菊をまわりにめぐらす九曜菊を三方に散らした幾何学的な文様をもち、鈕(中央のつまみ部分)の上部に向き合った雀を配置しています。足利政氏夫人が愛用したものと伝えられています。

写真 九曜菊散双雀鏡
九曜菊散双雀鏡

参考文献

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始