このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

県指定 銅製桐文方鏡 付沈金彫桐文筥

更新日:2017年12月4日

銅製桐文方鏡 付沈金彫桐文筥(どうせいきりもんほうきょう つけたりちんきんぼりきりふばこ)

種別

工芸品

指定年月日

昭和39年3月27日

所在地

久喜市鷲宮1丁目6番1号

所有者(管理者)

鷲宮神社(久喜市立郷土資料館)

概要

 類例の少ない長方形(縦23.0センチメートル、横18.0センチメートル)の銅鏡で、桃山時代の作といわれている。背面全体に桐の文様を配し、中央に亀甲文の鈕を付け、その上部にくちばしをあわせた鶴を対象的に描いています。

 なお、この方鏡が納められている筥は、沈金彫といわれる技法で桐文が施されている珍しいもので、鏡とあわせて指定されています。これも鏡と同じ時期に作られてたものと考えられています。

写真 銅製桐文方鏡 付沈金彫桐文筥
銅製桐文方鏡 付沈金彫桐文筥

『広報くき』連載「久喜歴史だより」

参考文献

関連する指定文化財

このページに関するお問い合わせ

教育部 文化財保護課
〒346-0033 久喜市下清久500番地1
電話:0480-22-5555 Eメール:bunka@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始