このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

有毒植物による食中毒にご注意ください

更新日:2018年5月25日

 毎年、特に春先から初夏にかけて、有毒植物を食用の植物と誤って食べてしまったことによる食中毒が国内で多く発生しています。本年も、誤食による死亡事例や食中毒事例が国内で複数例報告されています。
 食用と確実に判断できない植物については、絶対に「採らない」「食べない」「売らない」「人にあげない」ことを徹底しましょう。

国内における食中毒の一例

概要:自宅の敷地内で自生していたイヌサフランをギョウジャニンニクと誤って採取、喫食し、食中毒様症状を呈した。
患者:2名(死者1名)
おもな症状:嘔吐、下痢

参考

 農林水産省でも、有毒植物による食中毒防止に関する情報を提供しています。

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 農業振興課
〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38番地
電話:0480-85-1111 Eメール:nogyoshinko@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始