このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

6次産業化に取り組む農業者を紹介します

更新日:2015年3月4日

6次産業化とは、農業者が農産物の生産(1次産業)だけでなく、加工(2次産業)や流通・販売等(3次産業)にも主体的に取り組むことをいいます。6次産業化により、農業者の所得向上、雇用の創出等が期待できます。
このたび、菖蒲町小林地内にある「成田ファーム時ャ夢(じゃむ)工房」さんの6次産業化の取り組みが、農業共済新聞(平成26年12月3日発行)に掲載されましたので紹介します。

「成田ファーム時ャ夢(じゃむ)工房」掲載記事

6次産業化の紹介記事
6次産業化に取り組む「成田ファーム時ャ夢(じゃむ)工房」さんを紹介します。

(平成26年12月3日発行農業共済新聞から転載。転載について農業共済新聞から承諾済み)

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 農業振興課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:nogyoshinko@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始