このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

農産物の地産地消を進めています

更新日:2015年3月16日

地産地消とは

 「地産地消」とは、地域で生産されたものを地域で消費しようとする考え方のことです。

 地産地消の取り組むことで、次のような効果が期待できます。

  1. 生産者の「顔が見える」安全安心な農産物を購入する機会が提供される。
  2. 生産者と消費者の良好な関係作りに寄与する。
  3. 消費者の「食」や「農業」に対する意識が高まる。
  4. 食料自給率の向上、地域農業の活性化につながる。
  5. 農産物の輸送距離が短縮され、輸送に伴う化石燃料の消費量の削減、温室効果ガス(二酸化炭素等)の排出量の削減につながる。

久喜市で取り組んでいる地産地消

 久喜市では、学校給食における地場産農産物の使用を推進しています。特に、久喜地域では、安全安心な農産物を子供たちに届けるため、埼玉県認証の特別栽培農産物という、減農薬減化学肥料で生産された農産物を使用しています。

 また、しみん農園久喜において、地場産農産物を使用した料理体験教室を開催するなど地産地消に取り組んでいます。

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 農業振興課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:nogyoshinko@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始