このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

自転車の安全利用

更新日:2015年9月15日

TSマーク付帯保険等各種自転車保険の加入について

 自転車は、買い物や通勤・通学などにおいて、手軽で便利な乗り物ですが、交通法規を守らない走行をすると事故を起こしかねません。

 近年、自転車走行者が加害者となる事故などが問題となっており、平成26年1月には東京地裁で、自転車に乗った会社員の男性が歩行者に衝突した事故で、その男性に対し4,746万円の賠償を命じる判決が下されました。

 自転車を運転する方は、自転車の利便性と運転の際の危険性を十分認識するとともに、TSマーク付帯保険等の各種自転車保険へ加入しましょう。

 詳しくは下記リンク先をご覧ください。

第一種TSマーク(青色マーク)

第一種TSマーク
(3.0×5 cm)

第二種TSマーク(赤色マーク)

第二種TSマーク
(3.5×5 cm)

自転車の通行方法が変わりました

道路交通法が一部改正されました(平成25年12月1日施行)

主な改正点

道路右側の路側帯通行の禁止

 自転車などの軽車両が路側帯を通行するときは、道路左側部分にある路側帯を通行しなければなりません。(道路交通法第17条の2第1項)

※右側通行をすると→3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

ブレーキ不良自転車に対する指導強化

 適切なブレーキを備えていないため危険と認められる自転車が運転されているとき警察官は、その自転車を停止させ、ブレーキについて検査できます。(道路交通法第63条の10第1項)

※停止の指示に従わなかったり、検査の拒否や妨害をすると→5万円以下の罰金

 ブレーキの整備不良やブレーキ自体がないことが確認された場合、警察官は、その自転車の運転者に対し、ブレーキ整備などの応急処置をとることや運転の中止を命じることができます。(道路交通法第63条の10第2項)

※命令に従わないと→5万円以下の罰金

自転車はルールを守って安全運転 ~自転車は「車のなかま」~

自転車は「車のなかま」なので、原則として車道を走らなければなりません。

無秩序に歩道を走行したり、一時停止の標識を無視したりするなど、ルールを守らない危険な走行は非常に危険です。

自転車に乗るときは、ルールを守り、安全な運転を心がけましょう。また、車の運転者や歩行者も自転車のルールを知って、お互いを思いやり安全を心がけましょう。

詳しくは、埼玉県警察のホームページ「交通安全」に掲載されている、「交通事故防止」および「道路交通法改正」をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 交通企画課
〒346-8501 久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111 Eメール:kotsukikaku@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始