このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度ダイオキシン類調査結果

更新日:2017年1月11日

平成27年度ダイオキシン類調査結果

調査目的

本調査は、久喜市内における環境大気中のダイオキシン類について調査を行い、実態を把握することを目的としました。

なお、調査は夏季と冬季の年2回実施します。

調査内容

(1)調査年月日

夏季:平成27年7月15日(水曜日)から平成27年7月22日(水曜日)

冬季:平成28年1月7日(木曜日)から平成28年1月14日(木曜日)

(2)調査場所

菖蒲総合支所、鷲宮公民館

(3)調査方法

「ダイオキシン類に係る大気環境調査マニュアル」(平成20年3月環境省水・大気環境局総務課ダイオキシン対策室大気環境課)に準拠する。

調査結果

調査結果については、全ての地点において環境基準値(毒性等量の年平均値が1立方センチメートルあたり0.6ピコグラム以下)を下回っていました。

ダイオキシン類調査結果一覧(単位:ピコグラム-TEQ/立方メートル)
調査地点 夏季 冬季 夏冬平均
久喜南中学校

埼玉県が測定を行なっています。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県ホームページ(外部サイト)

菖蒲総合支所 0.073 0.064 0.069
鷲宮公民館 0.052 0.019 0.036
平均 0.069 0.042 0.053
環境基準 年平均0.6ピコグラム-TEQ/立方メートル以下

※ピコグラム…1兆分の1グラム

毒性等量(TEQ)ついて

ダイオキシン類には様々な種類があり、毒性の強さも種類ごとに異なっているため、評価にあたり統一の基準が必要になります。
そこで、毒性の最も強い物質の毒性を1とした場合の、他の物質の毒性の強さを表した、「毒性等価係数(TEF)」が世界保健機構(WHO)により定められています。
この毒性等価係数を実際の測定値に掛け、最も毒性の強い物質に換算した値が「毒性等量(TEQ)」になります。

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 環境課
〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38番地
電話:0480-85-1111 Eメール:kankyo@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始